カメラの日が目の前、カメラのおすすめの選び方について - カメラの日 2019年11月30日 -

カメラの日が目前です。カメラの日に合わせて購入を検討する場合、カメラ初心者はどれを選ぶべきなのか、おすすめの選び方について知りたいを感じている人も多いのではないでしょうか。

-AD-

カメラの日が目の前、カメラ購入店のおすすめの選び方

カメラの日が近づくとカメラは良く売れるなどと言います。一度購入すれば長く使える耐久性が高いものを選ぶなどの選び方もありますし、気軽に撮影が出来るコンパクトタイプのカメラなどの場合は、カメラ初心者におすすめですし、フィルム式のカメラを利用している人にもおすすめです。

カメラの日には購入したカメラを持って出掛けたい、カメラの日が過ぎてもいつでも利用出来るものを選びたいなど、導入する目的は人それぞれですが、カメラの日が近づくと販売価格が安くなったり、販売価格をお店で調べるのも大切です。尚、お店を比較する時にはネットがおすすめです。ネットならお店に出掛ける事なく値段を比較出来るなど、お店の選び方は値段で決めるのがおすすめです。賢いお店選び方と言えましょう。

カメラの日が近づいています、おすすめカメラの選び方

カメラの日が近づいたので、カメラを買うためにお店に出掛ける、ネット通販店にアクセスをしてカメラを選ぼうとした時、カメラにはコンパクトタイプと一眼レフタイプがありますし、メーカーも色々あり選び方が良く分からないと言う人も多いのではないでしょうか。コンパクトカメラと一眼レフタイプの大きな違いはレンズ交換が出来るか否かの違いです。

色々な写真撮影をしたい人は一眼レフタイプがおすすめですし、コンパクトタイプは気軽に撮影したい人におすすめなど、カメラの選び方を考える時に、どのようなシーンで撮影をするのかを考える事がカメラの選び方のポイントに繋がって来ます。ちなみに、既にコンパクトカメラを持っていて、カメラの日に合わせて購入する場合のおすすめは、デジタル一眼レフを選ぶなどの選び方がおすすめです。

カメラの日に相応しいレンズ交換が可能なカメラ

デジタル一眼レフカメラにはミラータイプとミラーレスの2種類があります。選び方のポイントを価格で決めている場合には、ミラーレスタイプがおすすめです。ミラーレスタイプは撮影用レンズの入射光を光学式ファインダーに送り込むための反射ミラーがないもので、ミラータイプの一眼レフと比較すると構造が簡易的、初心者にも撮影がしやすいなどのメリットがあります。

尚、デジタル一眼レフカメラのボディーは小型タイプや軽量タイプも登場しています。写真撮影をする時にはさほど時間が掛からなくても、カメラを持って観光地を回る時などは、カメラボディーの重量が軽い方が楽ですし、一眼レフカメラはボディとレンズを組み合わせるので、レンズの重さも考えて選ぶと良いでしょう。

シーンに合わせる選び方がおすすめです

一眼レフカメラのレンズは大きく分けると、広角レンズ、標準レンズ、望遠レンズの3種類になります。接写などを行う時などはマクロレンズなどの種類もあります。レンズには単一焦点タイプと可変焦点タイプの2つがあります。カメラの日に合わせてデジタル一眼レフを購入する場合におすすめなのが可変焦点タイプです。これはズームレンズと呼ぶもので、焦点距離が18ミリ~135ミリなどのように広角から標準、そして望遠の焦点距離をカバーしているレンズになります。

1本のレンズで色々な写真を撮影する事が出来る魅力がありますし、レンズ交換の手間が要らないと言うメリットもあります。旅行などで利用する時にはズームレンズがおすすめです。

ズームレンズがセットになっているのがおすすめ

カメラの日に合わせてデジタルカメラを買う時、レンズ交換が可能なデジタル一眼レフはシーンに合わせてレンズが交換出来るなどの魅力を持っています。しかし、シーンに合わせて何本もレンズを持ち歩くのは大変です。レンズとボディを合わせた重量の他に、交換用レンズを持ち歩かなければなりません。ボディを選ぶ時には軽量タイプを選びましょう。また、レンズを選ぶ時には単一焦点レンズではなく、ズームレンズを選んでおけば、広角から望遠までの焦点距離をカバーしてくれるのでおすすめです。

デジタル一眼レフを製造販売するメーカーの多くが、ズームレンズをセットにした商品を販売しているので、はじめてのデジタル一眼レフはズームレンズセットがおすすめです。また、より明るいレンズを選びたい時には、後からレンズだけを購入して撮影する事も出来ます。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう