カラオケの得点をあげるコツ - カラオケ文化の日 2019年10月17日 -

カラオケスナックやボックスに行っても、良い得点でなく、不満に思っている人は多いです。
しかし、それなりの原因がある場合が多いです。コツさえつかめば、少しは得点を上がることもできます。

-AD-

自信をもって歌う事が必要

カラオケ初心者の人は、人前で歌うことだけでも、かなりの度胸が必要になります。カラオケでの得点を求めることなど考えることなく、普通に歌えればそれで満足できるはずです。緊張感があるので、卑屈にカラオケを歌いますが、自分自身が歌うことに自信を持つことが、大きなコツであり、良い得点を得る方法です。

カラオケ好きなお客さんは、自慢の歌声を披露したいと思っていますが、ご自身でカラオケに自信がある人ほど、上手な歌を披露することはできません。うまく歌うコツを理解しようとも思わず、得点だけを意識する人が多いのです。得点の方法は、機械が判断するので、何が良いのかはわかりませんが、歌のコツを押さえている人は、しっかりした得点をゲットできるはずです。

原曲に近い歌い方が必要

カラオケを歌う際に、原曲のままではなく、自分流に代えて歌う人も多いです。普通に歌えば良いのに、自分流の歌を聞かせたりするようなことも多いのです。カラオケのマシーンでは、原曲との差を表示してくれる場合もあるのですが、自分の思い通りに歌って、得点を稼ぎ、周囲の人達の興味を惹くようなコツを理解していると思う人も多いのです。

得点を判断するのは、機械であり、妙なコツなどはマイナスポイントになるはずです。ですから、カラオケを歌うときには、自分流ではなく、かつ、勘違いしたコツではなく、ストレースに曲を歌いこなすことが大切です。うまく歌うコツだと言う人ほど、歌は下手くそで、得点を期待することもできません。

マイナーな曲を歌えば高得点に

カラオケで、高得点を目指すためには、誰も知らないような曲を歌うこともよろしいです。カラオケのシステムによっては、全国各地の利用者のランキングを表示してもらえるようなサービスもあります。人気があり、常に歌われている曲ならば、ランキングは下がる傾向になってしまいます。

カラオケを歌えるお店では、歌った結果によって、ボトルをサービスするというようなサービスもあります。誰も歌わないなら、常に一位になることもでき、ボトルのストック代金を減らすこともできます。ただ、選曲のコツは、その場をしらけさせないようにすること、なんとなくわかるような歌を披露することが大切です。他のお客さんがドン引きしてしまうようなことは避けるべきです。

仲間と一緒に楽しんで歌うことが重要

カラオケボックスなどでは、歌うことがメインなので、参加者が積極的に歌を歌います。しかし、スナックなど他の人達がいる中で、ご自身で歌うことを避けたいと思う人もいます。確かに、知らない人達のなかで、いきなり歌を歌うことは、勇気が必要ですし、他のお客さんに迷惑をかけるのではないかと、思ってしまうことも多いです。

それをなくすために、お客さん同士で、知り合いになれるような会話を交わすことがコツのひとつです。気が合えば、どんな歌でもほめてくれますし、一緒に歌ってくれることもあります。曲を選ぶ際にも、年代が近い人達がいれば、一緒に歌う曲もすぐに決まるはずです。一緒に歌を歌えば、その後の会話もはずみます。

場慣れをして、皆とともに歌うことも必要

カラオケボックスを利用して、歌うという気持ちの人ならば、目的が定まっているので、自由に曲を選択して歌えば良いです。しかし、お酒を飲みにきて、美味しいつまみを食べるだけでも満足できるお客さんは多いです。曲を歌うことに関しては、苦手だと思う人も多いので、強制することは避けた方が良いです。

しかし、潜在的に曲を歌いたいと思っているお客さんの気持ちを実現させてあげるコツを理解することも必要です。きっと、日頃のうっぷんを晴らすために、積極的に歌ってくれると思います。男性がお客さんなら、女性が一言、一緒に歌いましょう!と言えば、すぐに歌ってくれるはずです。しかも、予想もしなかった歌を披露してくれる場合もあります。日頃は自ら歌わず、要求された歌が上手だと思われれば、人気も出ると考えます。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう