カラオケを歌う際のキー調節について - カラオケ文化の日 2018年10月17日 -

カラオケをうまく歌うために重要なのは、曲のキーに合わせて歌うことです。
歌手と違う私たちは自分に合った音域で歌う必要があります。うまく調節して歌うためには何をしなければならないのでしょうか。

-AD-

うまくカラオケを歌うための入門編

カラオケはキーも大切ですが、正しく発声を行うだけでも、きれいな歌声を出すことができます。しかし、中にはうまく歌えない人もいるかもしれません。そのような人はどうすれば良いのでしょうか。まず行うことは、歌いたい曲に慣れることです。しっかりと聞き込みましょう。音階や歌のペース、リズムを覚えることで歌のタイミングに慣れることで、うまく歌えるようになります。

それに加えてボイストレーニングも重要になります。一般的に行われるボイストレーニングは、リップロールと言われるものです。口を閉じ、閉じた唇の間から息を出して唇を「ブルブル」と振動させる練習法で、喉をしめずにリラックスした状態で発声することができます。

自分のキーを把握する

カラオケにとってうまく歌えるかどうかは、自分の歌声がどこのキーに位置しているかを知る必要があります。まずは自分に近い音域の人の歌を歌ってみましょう。その人と同じくらいの音域にいるのであればキーが合っているということです。もし音域が違っているのであれば、カラオケの機械を調節してキーを上げたり、下げたりしてみましょう。自分と合う音域が出てくるはずです。

そこが自分のキーということになりますので、そこに合わせて曲を選ぶと、正しい音域で無理なくカラオケを楽しむができるでしょう。一緒にカラオケに行く人を観察していればわかってくることですが、ほかの日との選曲はだいたい同じような音域の人を選ぶ傾向がありますが、それはキーが影響しているからです。

うまくカラオケを歌えるようになるコツ

カラオケにもやはりうまく歌うためのコツがあります。ボイストレーニングやキーを合わせるだけでなく、地声を鍛える必要があります。高音をうまく操ることができれば、音域や声の張りも出てきて、調子よく歌うことができます。力まずに高い音も出せるようになるので、音域も自然と増え、歌えるレパートリーも増やすことができます。

高音を出し、地声を鍛える一番の方法は、裏声を出すことです。裏声は普段出さない声ですので、裏声を発生することで喉の筋肉が鍛えられ、幅広い音域を出すことができますので、自分の声の高さや強さを調節することができますし、整った声を出すことができます。さらに有名なやり方は、割り箸を口でくわえて発声することも有効です。

後は練習をして慣れる

ある程度の声が出るようになったら、あとは歌い込むだけです。曲の音程やリズム、タイミングなどを意識して歌うようにしましょう。それに加えて、自分が歌いたい曲のキーをしっかりと把握しましょう。自分で行ったときなどはキーを自由に調節できますから、自分に合ったキーで歌うことができるよう、その曲と自分のキーを合わせる必要があります。調節は簡単に行えますので、自分の声のキーと曲のキーがどれだけずれて、今合っているのかを把握しておかねばなりません。

キーがずれていると音痴に聞こえてしまったりしますので、調節は必要です。他の人とカラオケに行って何度も調節を変えてしまうのはなかなかできないと思いますが、自分で行った時にはすきに調節できますので、慣れるまでは何度も調節して自分に合わせて歌えるようにしましょう。

カラオケに行ったときに恥ずかしい思いをしないために

ここまででカラオケをうまく歌えるコツやキーの調節について見てきました。カラオケは新年会や忘年会、歓迎会や送別会などの会社の人と行く機会が多い人もいることでしょう。また、普段から友達と行く人も多いことでしょう。そのような時に誘われていたものの、うまく歌えないと恥ずかしい気持ちになることも少なくありません。

それを解消する方法の一つとしてキーの調節があります。歌手は普段から声を出していますから、喉の筋肉が鍛えられ、美しい発声で歌うことができますが、他の人たちはそこまで発声することができないので声が低くなる傾向があります。また、そこまで高音が出ないということもあります。カラオケに行った際には音程もですが、キーにも気を配ってみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう