カレーの日 - 2018年1月22日 -

いまや日本の家庭料理の代表格と言っても良いのがカレーです。おふくろの味と言われて思い出す方もいるのではないでしょうか。
実はそんなカレー、カレーの日というものもあるのです。では、この日の由来や行われるイベントにはどんなものがあるのでしょうか。

-AD-

なぜ日本人はカレーが好きなのか

日本人で、カレーを食べたことはない、という方はいないのではないでしょうか。また、日本ではカレーの日、というものも存在します。それくらいカレーは日本人から好かれているのですが、これはなぜなのでしょうか。これには色々な説がありますが、その中でも有力なものとして、日本独特のとろみのあるカレールーが日本人から好かれるその由来だというものがあります。

というのも、このとろみの正体は油脂とデンプンで、これらは食べると日本人が大好きな旨味を感じやすいからです。しかも、カレーにはそれだけでなく多種多様な香辛料も入っています。これら由来の香りで食欲が刺激され、口にした時の幸せと合わせて好きだと感じる方が多いのではないでしょうか。

カレーの日の由来とは

話は戻って、カレーの日についてです。カレーの日は1月22日と決められており、さまざまなイベントも行われています。では、どんな由来からこの日に決められたのでしょうか。実はこの日の由来としては、学校給食が関係しています。それは1982年のことでした。学校給食が始まり35年が経ったことを記念して、全国学校栄養士協議会が1月22日に全国で一斉に給食をカレーを出したことが始まりとなっています。

しかし、そもそも給食の35周年記念がなぜカレーとなったのでしょうか。その由来もやはり日本人のカレー好きと関係があります。事前に好きな給食のアンケートをとったところ、カレーが多かったからだそうです。やはり日本人のカレー好きは子供の頃からずっとあるもののようです。では、カレーの日まである日本で、カレーはどんな歴史をたどってきたのでしょうか。

日本におけるカレーの歴史

ご存知の通り、カレーはもともとインドやその周辺地域で食べられている料理で、もちろん由来としてもそちらが本場です。それが日本に伝わってきたのは明治時代の頃となります。しかし、インドからカレーが伝えられたわけではないのです。日本におけるカレーの由来となったのは歴史の授業でも出てくるクラーク博士です。彼は当時の生徒たちの栄養状態が悪いのを改善しようと、西洋料理を勧めました。その中でも特に野菜をたっぷりと入れたカレーは米との相性も良くかなり人気となったのです。

しかも、今ではカレーの定番と言えるじゃがいも、にんじん、玉ねぎもこの出来事が由来となります。カレーに学校で栽培していたそれらを使ってカレーを作ったからです。これが、日本におけるカレーの始まりでした。つまり、日本におけるカレーはクラーク博士が伝えたイギリス式のカレーが由来というわけです。ちなみに、その後カレーは戦後になると粉や固形のルーが普及し、今のように家庭料理として頻繁に作られるようになりました。

カレーの日に行われるイベント

日本におけるカレーの由来と歴史についてはお分かりいただけましたでしょうか。一方、今もカレーは大人気で、1月22日のカレーの日にもさまざまなイベントが行われているのです。まず代表的なイベントとしてはカレー店主催のものが挙げられます。例えば2016年には大手のココイチがカレーの日を含む一週間に様々なプレゼントをするというイベントでした。

他には、カレーハウスサンマルコでもテイクアウトソースを値引きするイベントも行われました。その他、このカレーの日には個人店などでもイベントを行う店が多いようです。カレーの日には、街のカレー店を覗いてイベントがあるか確認してみてもいいかもしれません。楽しいイベントがあったら参加してみるのも良いでしょう。

カレーはこれからも進化し続けるでしょう

カレーの日のイベントだけでなく、カレーは日本人とともに常に歩んでいる料理です。カレーの日のイベントのところでも紹介した大手チェーンのココイチは、いまや日本だけでなく世界各地に店舗を出店し、日本発のカレーを広めています。また、インドからイギリスを経て日本で進化したカレーは、今も進化を続けています。

例えば北海道のスープカレーは一時の流行で終わらず、さまざまなお店で定番のメニューともなってきていますし、カレーラーメン、カレーうどんといったアレンジ料理もどんどん新しいものが出てきている状態です。他にも、スーパーへ行けば安いものから高級品まで、多種多様なカレールーやインスタントカレーが並んでいます。カレーはこれからも日本で愛され、進化し続けていくのではないでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう