クリスマスイヴにはどんな料理を食べるの? - クリスマスイヴ 2017年12月24日 -

-AD-

クリスマスイヴとは?

日本ではクリスマスはどちらかといえば宗教的な意味合いよりも冬の大イベントという印象が強く、恋人同士で過ごす日だと思っている方も少なくありません。

しかしクリスマスはもともとはキリストの生誕の祝いの日としてキリスト教ではミサなどを行う日ですし、海外では恋人だけではなく、家族とゆっくりと静かに過ごす日です。クリスマスはキリストのChristとミサのmasを組み合わせて造られたものであるといわれており、クリスマスイヴはクリスマスの前夜ではなく、クリスマスの始まりという意味があります。これはキリストの生きていた時代に使われていたユダヤ暦がもとになっており、ユダヤ暦では一日の始まりは夜であるとされているためです。

クリスマスイヴは静かに過ごしてみるのも良いでしょう。

イヴには多くの教会で夜に礼拝が行われる

クリスマスイヴには多くの教会で夜に礼拝が行われます。

イヴはクリスマスの始まりですから、ユダヤ暦にのっとり、イヴの晩にクリスマスに入ってすぐの礼拝を行うのです。かつてカトリックではイヴに断食をしてクリスマス当日に備えていました。日本ではほとんどが夜半のミサを行っています。

正教会ではイヴには晩祷が行われています。翌日朝には聖体礼儀が行われます。この聖体礼儀は正教会で最も重要とされている聖体機密を含む奉神礼のことです。キリスト教徒にとってはキリストの生誕祝いの始まりとされるイヴの夜の礼拝は非常に大切なものであり、多くの信者が礼拝に行きます。

クリスマス当日には教会で聖歌隊によるコンサートなども行われることが多く、信者ではない人も多く訪れています。

クリスマスイヴの料理とは

イヴは国によってはいろんな定番料理があります。

例えばフランスではフォアグラを食べるという家庭が50%ちょっとあります。また年配者では牡蠣を出すという家庭も少なくありません。

そしてなんといってもフランスではケーキは有名なブッシュ・ド・ノエルではなく、アイスクリームのケーキを食べる人が増えています。料理がボリューミーなため、おなかがいっぱいになるのでデザートは食べやすいアイスクリームにということで現在ではそんな家庭が多いです。

またイタリアではお肉を食べないのが決まりのようになっています。

同じく、移民として移住したイタリア人によって広められたことによってアメリカにもこの習慣は広がっています。イヴの夕食は7種類の魚だけというものです。7種類というのはキリスト教の洗礼、堅信、聖体、告解、終油、叙階、婚礼という7つの秘跡からきています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう