大切な人と過ごすイベントクリスマスイヴについて - クリスマスイヴ 2017年12月24日 -

-AD-

そもそもクリスマスイヴとは?

年末のイベントとして親しまれているクリスマスイヴ。一般的にクリスマスイブとはクリスマスの前日、すなわち12月24日を指します。

イヴは、evening(晩・夜)と同じ意味を持つ古語のevenの語末音が消失したものです。

ですから、基本的にイヴは夜のことを指すのですが、一日を通して12月24日をイヴと日常会話で言い換えることが一般的になっています。

協会ではクリスマスイヴに礼拝をおこないます。単に礼拝といっても多くの宗派がありますので宗派によってやり方時間帯は様々です。宗派によってイヴの定義にも違いがあるようで、イヴの晩からすでにクリスマスに入っていると考え、イヴの礼拝ではなく12月24日の晩に行う礼拝は、クリスマス一番最初の礼拝だという捉え方をするところもあります。

外国でのクリスマスイヴの過ごし方

外国ではクリスマスイヴは、「家族で過ごす日」とされています。

街はイルミネーションなどで彩られ店頭にはクリスマスに関連した商品が多数並びます。ある国ではバカ騒ぎする日という認識が広まっているところもあったようですが啓蒙運動等により最近ではクリスマスイヴの過ごし方について見直されてきているところもあります。

家庭ではクリスマスのごちそうを用意し親戚家族を招いて盛大にお祝いします。料理はお祝いごとでよく食べられている七面鳥や日本のような豪勢なケーキではなくシンプルなバターケーキやクッキーでのもてなしが一般的です。

子供たちが楽しみなプレゼントはどの国でも共通ですが、外国ではクリスマス当日までに沢山のプレゼントを大人たちからもらいクリスマスになると一気に開封するのが一大イベントです。

日本でのクリスマスイヴ

外国と比較すると、日本では「恋人たちのイベント」というような捉え方をされています。ですから、恋人がいないとクリスマスイヴを嘆く人も多く存在します。

宗教的に、日本はあまり熱心でない傾向にあるので礼拝に参加する人あまりおらずクリスマスイヴを宗教的な意味では考えられていないのが現状です。外国と日本共通して言えるのはクリスマスイヴは一年を通して大きなイベントであり、街も人もクリスマスに向けてきらびやかな雰囲気に包まれます。

そして何より自分の大切な人と過ごすイベントだということは同じです。私たち日本人は無宗教な人が多いので外国の本格的なやり方より、慣れ親しんだ日本ならではのご馳走をたべ、プレゼントをもらい楽しむスタイルが落ち着くのではないでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう