クリスマス・イヴ - クリスマスイヴ 2017年12月24日 -

-AD-

クリスマス・イヴの起源

起源は色々と説がありますが、日が長くなることから冬至のお祭りが開催された説が濃厚とされています。その当時のローマ帝国では、日照時間が少ないと死が訪れるとされていたため、太陽の復活という意味を込めてお祝いをしていた事が始まりです。また、クリスマスの語源としてキリストとミサが合わさったものと言われていますが、それに加えてクリスマス・イヴはそのクリスマスの始まりの夜という意味のイブニングのスペルから取られています。

日本人に浸透していないのが意外なクリスマス・イヴの由来についてです。上記にも述べた通り、クリスマスの一部であり、決して日本人が思う「前夜」という事からは来ていないのです。キリスト教では教会暦というものの中で一日の始まりは日没とされていました。この事から日付を超えて24日の日没から25日の日没までの2日間がかぶる事になったため、クリスマス開始の夜という事で付けられています。日本人が勘違いしがちな由来ですが、その違いは時間帯からきているのです。

クリスマスの文化が入ってきたのは大正時代ですが馴染みもなく、盛んになってきたのは喫茶店やカフェがイベントに取り入れ始めた昭和に入った辺りの頃でした。自然と神聖な雰囲気から日本ではカップルのイベントとなっていき、そのイベントの始まりであるクリスマス・イヴには盛んになり、だんだんと定着し始めました。こうして盛んになり始めた背景には商品を売るために日本の会社が作り出した独自の文化も混じっていたため、この時期になると出かけるカップルや家族が増えてきました。

クリスマス・イヴの特徴としてカップルイベントの開始日時と重なったりテレビや雑誌で特集を組まれたりという事が多いです。また、不景気からかテレビであまりお金を使わないクリスマス・イヴのデートの紹介を行ったり、お店側が割引を行ったりと低コストのデートプランの提案をしているメディアやお店がほとんどで、そういったイベント会場には学生や20代カップルも多く来ています。プチプラという言葉も流行った最近は、安くでカップルが楽しめるという場所を提供している所ほど話題性があります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう