クリスマスツリーの日 12月7日頃

クリスマスツリーの日の起源や語源、歴史、
またクリスマスツリーの日に行われる行事などクリスマスツリーの日に関することを解説。

-AD-

クリスマスツリーの日とは

クリスマスは元々「キリストの祭り」の意味です。
なぜ12月25日かというと、この日にちょうどローマ帝国が「太陽神の祭り」を祝っていたことに由来します。冬至の時期であり、この日を堺に昼の時間がだんだん長くなっていくからです。それを利用して、キリスト教徒が「キリスト降誕の日」ということにしたわけです。
クリスマスとクリスマスツリーがどう関係あるかというと、もみの木が冬も枯れないことから、永遠のシンボル、命の象徴として、キリストを表していると言われています。
もともとドイツが発祥で、それがイギリス、アメリカと渡り、明治に日本にも入ってきました。

日本は江戸時代に鎖国をしてきて、キリスト教を禁教としてきたので、当然クリスマス自体も明治以降にだんだん広がってきたということになります。特にアメリカからきた宣教師や商人たちによって、明治以降徐々に広まっていきました。
日本でクリスマスツリーが最初に飾られたのは、1886年(明治19年)12月7日です。横浜で外国人船員のために飾られました。この日を記念して12月7日を「クリスマスツリーの日」と制定されました。

クリスマスは大正時代には子ども達の間で話題になり始めましたが、特に戦後は商業化され、どんどんさかんになっていきました。それに伴い、クリスマスツリーがだんだんそれが広まっていき、街中に、各家庭に飾られるようになっています。
クリスマスツリーの日というのは、日本由来の記念日であるのですが、実はまだあまり認知されていません。しかし、「毎日が記念日」ということが話題になるようになり、それにともない徐々に認知されるようになってきています。

最近はクリスマス商戦が早まり、10月31日のハロウィーンが終わると、「もうクリスマスか」という感じがします。しかし各家庭で飾るとなるとこの12月7日というのはちょうどよい時期と言えましょう。
また、年末の慌ただしさと商業的なクリスマスムードに一段落つけ、元々のクリスマスツリーのシンボルである「永遠の愛とは」「いつまでも変わらないものは」という思いをもって、クリスマスツリーを前に静まって過ごすのもよいのではないでしょうか。
まだまだ認知されていないクリスマスツリーの日ですが、このあたりをポイントに今後広まっていく可能性はありそうです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう