クリーニングの日 9月29日

クリーニングの日の起源や語源、歴史、
またクリーニングの日に行われる行事などクリーニングの日に関することを解説。

-AD-

クリーニングの日とは

クリーニングの日とは、全国クリーニング環境衛生同業組合連合会が、
クリーニング師の技術の良さを沢山の消費者に知って貰う為、昭和57年に制定したものです。
そして、クリーニング業界や消費者にも覚えやすいように、
また、クリーニング業者も沢山の人に利用して貰えるように技術向上を目指す為に作られました。
9月29日は語呂合わせで、9(ク)2(リーニ)9(ング)と言う呼び方をするようにして、
クリーニングの日が設けられたようです。

今では、Yシャツやジャケットのみならず、布団やカーペットなど大物もクリーニングしてくれるので、
季節の変わり目にお世話になる事も多くなりましたが、昔は洗濯やアイロンがけは自宅でするのが
当たり前の事で、当時の人にとってクリーニングは少々贅沢だったのかもしれません。
そこで、もっと多くの消費者にクリーニングの良さを知って貰うため、
もっと身近に感じて貰えるようにと考えて出来たのが、クリーニングの日のようです。

人間が衣類を身にまとうようになってから、洗濯は必要不可欠なものになって来ました。
時代が変わるにつれて、家庭では洗濯が難しいドライ生地の洋服が出回るようになってきます。
なので日本では、最初はドライクリーニングで利用する方が多かったのではないでしょうか。
近年では、様々なサービスやイベントを行ってクリーニングの日を広める運動をしていますが、
知っている人はまだまだ少ないようです。
9月と言う時期は、丁度衣替えの季節でもありますので、この機会にクリーニングの日を
上手に利用してみるのも良いかもしれません。

クリーニングの日には、全国クリーニング環境衛生同業組合連合会が率先して各地でイベントが
行われています。
子供連れでも楽しく参加できるので、近くでイベントがある時は気軽に立ち寄ってみると良いでしょう。
また、クリーニングのチェーン店や個人店でも様々なサービスを行います。
なので、気になるけど使ったことがないクリーニング店を利用してみたり、溜まった衣類を
クリーニングに出すには良い機会だと思います。
家庭では、真似出来ないプロの技術を実感してみて下さい。

この記事が気に入ったらいいね!しよう