ケーキの日に恋人と一緒に食べたいおすすめのケーキ - ケーキの日 2019年1月6日 -

1月6日のケーキの日には、せっかくの記念日なので普段はあまり甘いものを食べない彼氏やダイエット中の彼女も一緒にケーキを楽しんでみたいものです。
恋人と一緒に食べたいおすすめのケーキをピックアップしてみましょう。

-AD-

ケーキの日を口実にスイーツを楽しむ

いつもは甘いものが苦手だと言ってケーキを食べない恋人や、太るのを気にしてスイーツを避けている恋人もケーキの日を口実にすれば一緒にいろいろなケーキを楽しめます。今日だけは特別ということにして話題になっているケーキやパティシエおすすめのケーキを選んで一緒に食べると恋人との仲が深まって、素敵な時間を過ごせます。

ケーキの日におすすめのケーキには、甘さ控えめのタイプや果物をたっぷり使った種類、お酒に合うケーキなどいろいろなものがあるので、恋人と一緒に選んで試してみましょう。いつもはケーキに関心がない恋人も、ケーキの日を機会にして興味を持つようになれば今後はカフェでデートをするチャンスが増えるかもしれません。

ケーキの日には王道のチョコレート系

ケーキの日を記念して特別なケーキを食べるなら、チョコレートケーキがおすすめです。チョコレートには愛を深める効果や魅力をアップさせる効果のある成分が入っているので恋人と一緒に楽しむのにぴったりです。甘いものが苦手な人はビターチョコを使ったザッハトルテやガトーショコラがおすすめで、濃厚なチョコレートケーキはワインやブランデーなどお酒にもよく合います。

チョコレートムースのケーキやチョコスポンジのケーキもおすすめで、口当たりが軽いのでたくさん食べられます。ケーキの日なので1種類だけにこだわらず、いろいろなタイプのチョコレートケーキを買って恋人と一緒に食べ比べをしてみるのもおすすめです。

フルーツのケーキもおすすめ

ダイエット中でなるべくカロリーを減らしたい恋人にはフルーツたっぷりのケーキがおすすめです。軽いスポンジのフルーツショートケーキは王道で、バターケーキやパウンドケーキに比べて低カロリーなのでケーキの日にもぴったりです。

イチゴやブルーベリーなどフレッシュフルーツをたっぷり乗せたタルトや、リンゴや洋ナシのコンポートを使ったタルトなどもおすすめで、恋人と一緒に少量ずつ楽しむことができます。カットされたタイプのタルトを数種類用意して分け合って食べたり、ケーキの日なのでランチの代わりにフルーツケーキを食べたりするのも素敵です。生クリームではなくカスタードクリームを使ったものならあっさりしていて何個でも食べられます。

恋人と食べたいチーズケーキ

ケーキが苦手な男性でもチーズケーキだけは好き、という人は意外とたくさんいるので、ケーキの日に恋人と食べるならチーズケーキもおすすめです。レアチーズケーキはレモンの酸味が爽やかで口当たりも軽いため、食事感覚で食べられて男性にも好評です。

ベイクドチーズケーキは使われているチーズの種類でかなり味が違うので、いろいろな種類を恋人と一緒に分け合って比べてみましょう。濃厚なタイプはワインのおつまみとしても美味しく楽しめるのが魅力です。チーズタルトも甘さ控えめで、スイーツが苦手な人でも無理なく食べられるのでケーキの日のブランチとして用意したり、果物やサラダと一緒に食べるのがおすすめです。

いろいろなケーキを一緒に食べるのがおすすめ

いつもはケーキを買う時も一人1個だけでほかに欲しい種類があっても我慢してしまいますが、ケーキの日は特別な記念日なので何種類も違うジャンルのケーキを買って恋人とシェアして食べるのがおすすめです。普段は食べない種類を試してみたり、お酒と一緒に楽しんだり、いつもと違うシチュエーションで食べると新しい世界が広がります。

ケーキが苦手な彼氏も、今日だけは特別ということで一緒に食べてくれたり、二人で一緒にケーキを買いに行ったりすることで仲が深まって会話のネタも増えるので、恋人と一緒に楽しくケーキの日を過ごしましょう。テイクアウトや手作りのケーキを家で食べたり、お気に入りのカフェに行ったり、楽しみ方は無限大です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう