コラーゲンの日って知ってる?効果的な摂取方法について - コラーゲンの日 2019年1月26日 -

1月26日はコラーゲンの日です。私たちの健康や美容を維持していく上で欠かせないコラーゲンですが、
コラーゲンを効果的に摂取する為にはビタミンCと一緒にとることが大切です。

-AD-

コラーゲンの日はいつ?

コラーゲンの日は1月26日です。これは1960年1月26日に株式会社ニッピコラーゲン化粧品が制定した日とされています。元々日本皮革株式会社の研究員であった西原富雄の手によってコラーゲンの可溶化に成功したことを機に特許出願し認定されました。私たちの身近な成分であり、名前ぐらいは聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

美容や健康に欠かすことができないコラーゲンですが、どのように摂取するのが効果的かご存知ですか?今回は、コラーゲンの日にちなんで、コラーゲンの効果的な摂取方法について詳しく調べてみました。効果的に摂取することで美容や健康に役立てていきましょう。また、コラーゲンの日について覚えておいてください。

コラーゲンの日にはコラーゲンを

コラーゲンの日にはコラーゲンを摂取しましょう。しかし、コラーゲンと言っても何から摂取すれば良いのかわからないという人も多いでしょう。そこで、コラーゲンを効果的に摂取できるものを調べてみました。

まず、コラーゲンを効果的に摂取するには、コラーゲンが多く含まれている食材を探すことです。有名なところではすっぽんやフカヒレがありますが、これは日常的に摂取するのは難しいでしょう。その次に多いとされているのが手羽先。手羽先であれば食事で摂取することができます。ただし、このような食事を続けていくのは簡単ではないという人はサプリメントがおすすめです。最近では手軽にコラーゲンを摂取できるドリンクなども販売されています。

コラーゲンの日だからと多く摂り過ぎない

コラーゲンの日にコラーゲンをと言いましたが、実はコラーゲンを摂取する際には注意しなくてはいけないことがあります。それはコラーゲンの摂取量。例えば、動物性のコラーゲンの場合、カロリーが高くなってしまう為、女性の方にとっては太る原因にもなりやすいのです。その為、植物性のコラーゲンがおすすめ。植物性のコラーゲンの代表は大豆なので、大豆製品を積極的に摂取しましょう。

大豆製品にはイソフラボンという女性ホルモンと似た働きをしてくれる成分がありますので、摂取することによって美容に効果的と言えるでしょう。大豆製品はカロリーも低い為、ダイエット中の方でも安心できる食材と言えます。たくさん摂取すれば良い物ではなく適度が大切です。

コラーゲンの日にはビタミンCも一緒に摂取

コラーゲンを効果的に摂取することで美容効果を高めることが期待できるのは、ビタミンCと言われています。コラーゲンは体にとって重要な場所から消費されていってしまうので、肌にまで届くのが難しいと言われています。しかし、ビタミンCと一緒に摂取することで肌に効果的にコラーゲンを届けることができるようになるのです。

ビタミンCはコラーゲンの働きをサポートしてくれますので、コラーゲン単体で摂取するのではなく、ビタミンCと一緒に摂取することがおすすめです。ビタミンCはフルーツや野菜などに多く含まれていますので、効果的に摂取していきましょう。また、乾燥する季節などは肌トラブルが増える時期でもありますので、豆乳鍋などにして野菜をたくさん食べましょう。

コラーゲンの日にはみんなで豆乳鍋

コラーゲンには動物性と植物性があるのですが、ダイエットなどを気にする方は植物性コラーゲンの摂取がおすすめです。またビタミンCと一緒に摂取することで効果的に肌にコラーゲンを届けることができます。そこでおすすめしたいのが豆乳鍋。大豆製品は植物性コラーゲンですし、野菜にはビタミンCが多く含まれています。一緒に摂取することで効率よくコラーゲンを体内に入れることができるでしょう。

また、コラーゲンボールなどと呼ばれるコラーゲンの塊なども鍋に入れるのもおすすめ。美味しく食べ、キレイになることができる鍋ですので、ぜひ一度チャレンジしてみましょう。また食事だけでは不安という方はサプリメントなどを検討してみるのも良いかもしれません。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう