コラーゲンの日に知っておくと良いおすすめの食品 - コラーゲンの日 2019年1月26日 -

1月26日はコラーゲンの日なので、その日をコラーゲンを多く含むおすすめの食品の種類などの、
コラーゲンに関する知識を増やすためのきっかけにすると、美容と健康を向上させるために役立てることができます。

-AD-

コラーゲンの日という記念日がある

コラーゲンと聞くと、美容と健康に良い成分だとすぐにイメージできる人は大勢いるはずです。しかしコラーゲンの日という記念日について知っている人は、美容に関心のある人の中でもかなり少ないでしょう。コラーゲンの日とされているのは、コラーゲンの特許取得が行われた1月26日なのですが、記念日に多い語呂合わせで決められた日ではなく、またテレビで報道されるような大きなイベントが開催されているわけでもないので、コラーゲンの日の知名度はまだ低いと言わざるを得ません。

とは言え、その1月26日がコラーゲンの日だということを知ったのであれば、それを良いきっかけとして、コラーゲンを上手く利用するためにおすすめの方法を知っておくと、美容と健康を向上させるための役に立ちます。

コラーゲンを多く含むおすすめの食品

コラーゲンの日に知っておくと良いこととしてまず挙げられるのは、コラーゲンを多く含む食品にはどういったものがあるかということです。その代表的なものとして、多くの人が美容のためにおすすめだと言っているのがフカヒレです。色々な食品の中でも、同じ重さで比較した場合のフカヒレのコラーゲン含有量はとても多いので、コラーゲンの塊と言われることもあります。

しかしフカヒレがおすすめだと言われても、値段が高い食品なので日常的に食べることは難しいでしょう。そこで手に入りやすいおすすめの食品にはどのようなものがあるかと言うと、手羽先、牛すじ、豚足、ウナギ、皮付きのサケやサンマなどを挙げることができます。それらを色々な料理に取り入れると、飽きずにコラーゲンを摂取できるでしょう。

コラーゲンを食品から効率的に摂取するおすすめの方法

コラーゲンの日に知っておきたい知識の一つが、コラーゲンを多く含む食品を食べる場合に、より効率的に摂取するためのおすすめの方法にはどのようなものがあるかという点です。同じものを食べるとしても、他の条件によって体内に取り入れられるコラーゲンの量が変わってくることがあるからです。コラーゲンを食品から効率的に摂取するおすすめの方法としてまず挙げられるのが、ビタミンCを多く含む食品を一緒に食べることです。例えばレモンやキウイフルーツなどのフルーツを食べると、体内でコラーゲンを生成する際に役立ちます。

逆におすすめできないのが、コラーゲンの生成を阻害するとされる、糖分や脂肪を多く含む食品を一緒に食べることなので、それらはできるだけ避けた方が無難です。また、コラーゲンを多く含む食品を煮て調理し、その煮汁を一緒に食べるというやり方も、コラーゲンを効率的に摂取できるのでおすすめだと言われています。

コラーゲンの効果を上げるには生活習慣も大事

コラーゲンの日に、コラーゲンを多く含む食品についての知識を得たとしても、実はそれだけではまだ不足だと言えます。コラーゲンの美容や健康への効果を上げるためには、食事以外の部分の生活習慣も大きな意味を持ってくるので、それをどのように改善するかについても知っておくことが肝心です。

そのために改善するべきこととしてまず挙げられるのは、睡眠をしっかりととるようにすることです。お肌の中でのコラーゲンの生成に関わる成長ホルモンの分泌を増やすめには、睡眠の時間を長くすると共に、睡眠の質を高めることが望ましいと言えます。また、体内のコラーゲンを衰えさせる紫外線をあまり多く浴びないように、外出時の服装に気を付けるなどの紫外線対策をしたり、新陳代謝を活発にするために、日頃から適度な運動を心がけるのも良いでしょう。

コラーゲンの日はコラーゲンのことを知る良いきっかけ

1月26日がコラーゲンの日だということは、他にいくつもある有名な記念日と比べると、あまり良く知られてはいないでしょう。しかし、コラーゲンが美容や健康のために大いに役立つ成分だということは、多くの人が知っているはずです。なのでコラーゲンの日を、コラーゲンに関する知識を増やす良いきっかけにすると良いでしょう。

コラーゲンに関して知っておくべき知識としては、コラーゲンを多く含んでいる食品の種類、それらの食品からより効率良く摂取するための方法、より効果を高めるための生活習慣の改善法といったものを挙げることができます。それらの知識を活用することで、より美しく健康的な肉体作りに役立つはずです。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう