コーヒーの種類や特徴について - コーヒーの日 2018年10月1日 -

コーヒーにはさまざまな種類があり、それぞれのコーヒーには特有の特徴があります。
ジャマイカ産の豆を使ったエメラルドマウンテンや、ハワイ産の豆を使ったコナをはじめ、世界各地で栽培された豆を使用して作られています。

-AD-

コーヒーの特徴について

10月1日はコーヒーの日です。コーヒーは日本でも広く飲まれていますが、一口にコーヒーと言っても、この飲み物には種類が豊富にあります。コーヒーの種類を分けるために一般的に使用されている方法は、使用する豆の原産地によって区分する方法です。コーヒー豆はアフリカや、アメリカなど世界の広い地域で栽培されていて、それぞれの地域で栽培されている豆には、それぞれの個性を持っています。

使用する豆の種類によって、作られるコーヒーの味わいも異なっていて、コーヒー特有の香りを味わえるものもあります。また使用する豆によって大きく異なるのはコーヒーに含まれる、苦味や酸味などのバランスで、これがコーヒーの味を大きく変えます。

ブルーマウンテンやコナの特徴

日本でも多くの人に飲まれている代表的なコーヒーの種類としては、ブルーマウンテンがあります。ジャマイカで栽培された豆の中でも、限られた地域で栽培されたもののみがブルーマウンテンと呼ばれています。

この豆から作られたコーヒーの特徴は、コーヒー特有の香りが非常に強いことです。そのために香りを楽しみたい人に、人気のある種類のコーヒーです。また全体的に味のバランスが取れていることもブルーマウンテンの特徴であり、酸味や苦味をバランスよく味わうことができます。口当たりが軽快なのもブルーマウンテンの特徴で、のど越しがやわらかいという特徴もあります。ブルーマウンテンと同じように高級なコーヒーとしてはコナがあり、コナはハワイで栽培されている豆を使用したコーヒーで、酸味が非常に強い味わいが特徴です。

キリマンジャロとコロンビアの特徴

日本で広く飲まれている代表的なコーヒーの種類としては、キリマンジャロもあります。キリマンジャロはタンザニアで栽培されている豆で作られたコーヒーのことです。

この種類のコーヒーの特徴は、味わいが力強いことです。特にコーヒーの酸味とコクに力強い味わいがあります。またこの種類のコーヒーは作り方によって大きく味わいが異なるという特徴もあります。時間をかけて丁寧に焙煎することで、心地よい苦味を中心にした味わいのコーヒーを作ることができます。コーヒーの種類としてその他に代表的なものにコロンビアがあります。これはコロンビアで栽培された豆を使用したコーヒーで、甘みと酸味のバランスが良いので飲みやすいのが特徴です。

モカやグアテマラの特徴

その他に有名なコーヒーの種類としてはモカがあります。モカやイエメンやエチオピアなどの地域が、モカの栽培地として世界中に知られています。イエメン産のものではマタリという豆が特に有名でモカマタリという名称で呼ばれることもあります。

モカは香りが良いのが特徴のコーヒーで、さらにこのコーヒー独特の酸味も持っています。それらの味わいの上に甘みやコクが重なって、このコーヒー独自の味を作り出しています。グアテマラも有名なコーヒーの種類の一つで、これはグアテマラで栽培された豆を使用しているコーヒーです。グアテマラは特に酸味が際立っている味わいを持っていて、しっかりとしたコクも同時に持っています。

さまざまなコーヒーの種類

コーヒーにはこのようにさまざまな種類のものがあります。それぞれのコーヒーは価格も大きく異なっていて、高級ブランドとして知られている豆を使用したコーヒーもあれば、手ごろな価格で飲むことができるものもあります。高級ブランドとして知られているコーヒーの中では特にエメラルドマウンテンが有名で、専門のコーヒーショップだけでなく、缶コーヒーにも使用されています。

高級なブランドのコーヒーとしてはその他にハワイ産のコナがあり、こちらは単独で使用されるだけでなく、ブレンドコーヒーの材料としても使用されています。手ごろな価格で飲めるコーヒーの代表的なものがコロンビアで、オーソドックスな味わいのコーヒーを飲むことができます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう