簡単に美味しいコーヒーの淹れ方を教えます。 - コーヒーの日 2018年10月1日 -

コンビニコーヒー花盛り。スターバックスはいつ行っても満席。
これほど生活に密着したコーヒーを自宅で簡単な淹れ方を知れば、もっと楽しく、美味しく飲めること間違いなしです。

-AD-

嗜好品なので飲み方の正解がありません。

コーヒーはお酒やタバコと同じ嗜好品です。こうやって飲まなければならないといったルールはありません。ブラックじゃないと本来の味わいが分からないという声もあれば、ミルクと砂糖をいっぱい入れて楽しむ方もいます。それぞれ間違いではありませんし、正解はありません。

飲み方に正解はありませんが、淹れ方にはちょっとしたルールがあります。ルールといっても画一的なルールではありません。小難しくもありません。とても簡単です。この、簡単なルールを理解した淹れ方をすると、コーヒーは格別に美味しくなります。自由な飲み方が出来るコーヒーをもっと美味しく楽しむために、美味しい淹れ方をマスターしてはいかがでしょうか。

好みの味は豆選びから。

コーヒーは豆を挽いて淹れるという事はご存じかと思いますが、どんな豆を選べば良いか難しいところだと思います。コーヒーは様々な味わいがあります。濃い、薄い、苦い、酸っぱい…簡単に分類するとこの4種類になります。この中に必ず好みの味わいがあるはずです。その味わいを豆を見るだけで簡単に判断出来る方法があります。それは、豆の色を見る事です。

元々白っぽいコーヒー豆は焙煎する事で茶色っぽくなります。焙煎後の色が茶色っぽいと薄い、黒っぽいと濃いコーヒーが出来上がります。専門的に言うと、浅煎りか深煎りかで色が変わってきます。
コーヒー豆の色の見分けが出来れば、簡単にご自分好みのコーヒーに近づく事ができます。淹れ方ですが、ご自宅で簡単に出来る淹れ方は「ペーパードリップ」です。それこそ100均で道具が揃います。

ペーパードリップは最も簡単な淹れ方です。

コーヒーの中でもペーパードリップコーヒーが最もポピュラーな淹れ方です。挽いたコーヒー豆をペーパーフィルターに入れて、上からお湯を注ぐ方法です。必要な道具は全て100均でそろいます。お好きな味わいに近いコーヒー豆を挽いて、お湯を注げば自分好みのコーヒーが出来上がります。

道具を揃えるのが面倒な方や置き場所が無い方は、ペーパーに豆がセットされ密封された1杯抽出用のコーヒーを使うと簡単でイイですよ。ペーパーに紙製のフックが付いているので、そのフックをカップの淵に引っかけ、ペーパーをカップに固定します。淹れ方はドリップコーヒーと同じで、お湯を注ぐだけです。コンビニで1杯分から購入できますので、ドリップコーヒー入門として購入しても良いかもしれません。

ちょっとしたこだわりで更に美味しくなります。

自宅で簡単にコーヒーが淹れられるペーパードリップですが、ちょっと淹れ方にこだわると更に美味しくなります。好みの味わいに近い豆を選んだあと、淹れる前にコーヒー豆を挽いてコーヒー粉にしなければなりませんが、この挽き方に注意すると、更に好みの味に近くなります。

簡単に説明すると、粗く挽いた豆は薄く、細かく挽いた豆は濃く抽出されます。ご自宅にコーヒーミルが無い場合、豆を購入したお店挽いてもらう事になりますが、その際「粗挽き(薄い)」か「細挽き(濃い)」どちらか指定してみましょう。
黒いコーヒー豆を細かく挽けばより濃く、茶色いコーヒー豆を粗く挽けば薄く。この点を注意すればより自分好みのコーヒーに近づけます。

簡単ルールでコーヒー通に。

コーヒーの飲み方に正解はありません。味わいは様々で好みが細分化される飲み物です。こだわればこだわる程、自分好みの美味しいコーヒーを淹れる事が出来ます。簡単に出来る事は豆選び、豆の挽き方、淹れ方にも注意すれば良いだけです。外出先のコーヒーショップで自分好みのコーヒーに出会う事は稀です。コーヒー豆の扱いや淹れ方が雑なお店も残念ながら多いと思います。

せっかくコーヒー好きなんですから、家で淹れるコーヒーくらいは自分好みで美味しく淹れたいものです。好きな時に、好きな味のコーヒーを飲める事はしあわせです。コーヒーの簡単ルールを頭に入れておけば、いつでも美味しいコーヒーが楽しめる事間違い無しです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう