コーヒーの健康面から見た効果とは - コーヒーの日 2018年10月1日 -

コーヒーはイスラム圏で発見し世界へと広がって行きました。
健康面でもその香りや要素にはダイエット効果やアンチエイジング、リラックス効果やうつ病、2型糖尿病や肝臓などの健康面に良いとされています。

-AD-

コーヒーの歴史について

10月1日はコーヒーの日 とされていますがあまり知られてはいないようです。コーヒーは発見にまつわるいくつかの説があるようですが、イスラム圏から広がり英国を始めとするヨーロッパやアメリカへ1600年代に持ち込まれて行ったとされます。日本へは江戸時代に長崎の出島へオランダ人が持ち込んだと言われています。

中南米を始めとするラテンアメリカ、とりわけブラジルではその栽培が盛んに行われていることはよく知られています。独特の香りと味を持ち、色々と健康面で特徴を持っているとされます。喫茶店の数も広がり家庭でもこれを愛用する家庭の数も多いと言われています。今回はその健康面における特徴のいくつかについて取り上げてみたいと思います。

健康面における効果について

コーヒーには健康面ではカフェインやクロロゲン酸が含まれダイエット効果があるとされています。カロリー制限やサプリをとるという方法も知られていますが、普通の生活を行いながらダイエットが出来れば健康的かつ自然で望ましいものです。カフェインには脂肪を燃焼する働きがあることで知られています。運動の約30分前に飲むことで効率的に脂肪を燃焼させることができるとされ減量効果が期待できると言われています。

肝臓の細胞内にはミトコンドリアという器官がありますがここは脂肪を燃焼させてエネルギーに変換する働きを持っています。ここへ脂肪を運ぶ酵素がありコーヒークロロゲン酸はこれを活性化するとされてい、従ってこの面でもダイエット効果が期待できます。野菜にはビタミンが多く含まれビタミンは抗酸化作用がありこれは老化を抑える作用があるとされ、アンチエイジングに適しているとされます。

コーヒーのリラックス効果

コーヒーには独特の香りがありこの香を嗅ぐと脳内にアルファー波が生じ、リラックス効果をもたらすと言われています。コーヒーの香りが脳の機能を活性化するとその働きが各段に向上するとされ、従って脳内でも望ましい働きを行うことが分かります。ラジオやテレビの音を聴きながら勉強を行うという場合も脳の働きを活性化して知的な作業において能率を上げるということが分かっています。

焙煎の仕方によってはどう効果が違うかについては浅煎り、中煎り、深煎りの3種類の焙煎方法のうちで深煎りの香が最もリラックス効果をもたらすことが分かっています。勉強や仕事では中煎りが適しているとされ健康状態や目的に合わせて焙煎度の違うコーヒーを飲み分けするという方法もとれます。

コーヒーはうつ病や糖尿病、肝臓に良い

うつ病は心の健康面からは望ましくないものですが抗酸化物質が原因とされています。これを飲むと精神面での健康予防になるとされます。1日3杯から4杯飲むことで2型の糖尿病のリスクが低下すると言われています。アルコールを過剰に摂取していると肝硬変にかかり、これは肝不全とか肝臓がんの原因になるとされています。

これまでの20年以上の研究によって毎日1杯以上のコーヒーを飲用していると健康で肝硬変にかかりにくいということが分かっています。発症のリスクは20%程低下させる効果を持つとされこれは20万人以上を対象とした研究結果から出たとされています。従ってコーヒーを飲んでいるとそのリスクは低減されると言われています。アセトアルデヒドは二日酔いの原因になるとされますが健康的に好ましくなくこれに有効なのがカフェインとされています。

コーヒーに関してのまとめとしては

コーヒーはイスラム圏で発見され、その発祥については諸説あることが知られています。イギリスを始めとするヨーロッパやアメリカへは1600年代に持ち込まれたとされ、日本へは江戸時代に長崎の出島を通じて持ち込まれたとされています。中南米とりわけブラジルでの生産が知られていて我国にも多く輸入され、現在では喫茶店の形で日本全国に広がったり、一般家庭でも多く利用されるようになって来ています。

コーヒーの味や香りを始めこれを飲用すると健康面で多くの効果や効用があることが知られています。例えばダイエット効果やアンチエイジング効果、リラックス効果や脳内の活性化、うつ病予防、2型糖尿病の予防や肝硬変の予防になることがあります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう