ダイエットに効果的なコーヒーの飲み方 - コーヒーの日 2019年10月1日 -

コーヒーは美容やダイエットに効果的です。コーヒーに多く含まれているカフェインの働きが脂肪を燃焼したり老廃物の排出を促進する作用があるので、むくみや肥満の防止になるだけでなく、冷えや肩こりの改善にも期待が出来ます。

-AD-

コーヒーがもたらす嬉しい効果

あなたはコーヒーを一日にどれくらい飲むでしょうか。朝起きぬけに1杯という人や仕事中や息抜きの際に飲んだりと、毎日必ずコーヒーを飲むという人は多いと思います。実際に、コーヒーは世界で最も多くの国で飲まれており、世界中の人に愛されています。

もはやコーヒーは最もポピュラーな嗜好品であると言っても過言ではありません。コーヒーの香りやほろ苦さで頭がシャキっとしたり、疲れている時にはリラックス出来たりと、嬉しい効果もたくさんあり、近年では美容やダイエットにまでも効果があるとも言われています。女性にとっては大好きなコーヒーでダイエット出来るなんてすごく嬉しい話ですよね。コーヒーを飲むことを習慣化してキレイになりましょう。

コーヒーのダイエット効果とは

ではコーヒーには具体的にどんなダイエット効果があるのでしょう。まず第一に、コーヒーにはカフェインが多く含まれていることにあります。カフェインには消化酵素を活発化させる働きのあるリパーゼという酵素が含まれており、これは脂肪を燃焼してくれる効果があります。

また、同じくカフェインに含まれているクロロゲン酸も同様に脂肪の分解を促進してくれます。次に、コーヒーを飲むとトイレが近くなりますが、これはカフェインの利尿作用によるものです。カフェインには血行を良くする働きもあり、これによって肩こりや冷えが改善したり、体に溜まった不要な老廃物も排出してくれるので、むくみの防止や肌荒れへの効果が期待できます。

ダイエットに効果的なコーヒーの飲み方とは

一言ににコーヒーはダイエットに良いと言ってもそれには効果的な飲み方のポイントがあります。カフェインに含まれるクロロゲン酸には脂肪を分解する働きがあるとお伝えしましたが、これは熱に弱いという特徴があります。豆選びをする際は深煎りされたものより浅煎りのものを選ぶと良いでしょう。

また、缶コーヒーやインスタントでも効果はありますが、ドリップの方がカフェインとクロロゲン酸の含有量が多いので、時間があるのであればドリップコーヒーを飲むことをお勧めします。熱に弱いクロロゲン酸は熱湯を使うと失われてしまうと言われていますので、80度前後のお湯で入れるのが望ましいです。お勧めはブラックで飲むことですが、苦くて飲めないという方はティースプーンに軽く1杯程度入れてください。あまり砂糖を入れすぎるとカロリーが高くなってしまいます。

コーヒーダイエットの効果的なタイミング

コーヒーはダイエットに効果的ですが、単にたくさん飲めばいいというものではありません。きちんと摂取量やタイミングを守って飲むことが大切です。まず、一日に飲む量は5杯までにしましょう。それ以上飲むと過剰摂取となり体に悪影響となります。

また、一気にたくさん飲むのではなく、大体3~4時間ごとのペースで飲むのがお勧めです。一気に飲むとおなかを下したり胃が荒れたりしかねません。タイミングとしては食後や運動前、入浴前が良いでしょう。カフェインには脳を覚醒させる作用があるので、就寝前に飲むのは控えた方が良いです。眠れなくなり睡眠の質が低下してしまいます。また出来れば体を冷やさないようアイスよりホットで飲むようにしましょう。

カフェインを上手に取り入れて効果的なダイエットを

コーヒーでダイエットが出来るからと言って間食をしたりたくさん食べたりしていては効果は出ません。また、痩せたいからと言って飲み過ぎることも危険です。摂取量に注意しなければ、眠れなくなってしまったり胃が荒れたり、貧血を起こしてしまったりと体に悪影響を及ぼしかねません。

もし体調の変化を感じたらすぐにコーヒーを飲むのを止めましょう。コーヒーダイエットはこれまで紹介したやり方やポイントに加えて、食事量に気を付けたり運動を取り入れたりすれば、より高い効果が得られるでしょう。尚、続けるということも大事ですので、上手く生活に取り入れて習慣化させましょう。無理なく出来るのでダイエットは苦手という方は是非試してみてください。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう