コーヒーを飲む際の注意点は過剰摂取。 - コーヒーの日 2019年10月1日 -

コーヒーには眠気覚ましやリラックス効果があったりとさまざまなメリットがありますが、多量に飲み過ぎるとかえって体に悪影響となります。
コーヒーを飲む際の注意点を理解して適量摂取することが大切です。

-AD-

意外と知らないコーヒーのデメリットと注意点

あなたはコーヒーを一日にどれくらい飲むでしょうか。コーヒーを飲まないと1日が始まらないという人や毎日必ず飲んでいるという人は少なくないかと思います。実際に、街中にはたくさんのコーヒーショップがあったり、スーパーやコンビニなどでも手軽に買えたりと、コーヒーは最もポピュラーな嗜好品であると言えます。

コーヒーで眠気を覚ましたり、疲れた時にコーヒーを飲んでホッと一息ついたり、コーヒーは健康面でも精神面でも良い効果をもたらします。また、美容やダイエットにも良いとも言われており、女性にとっては嬉しい効果も期待できます。しかし、そんなコーヒーにはカフェインが多く含まれており、飲み過ぎてしまうとカフェインの過剰摂取となり体に悪影響を及ぼすということはご存知でしょうか。健康を害さない為に注意点を理解して飲むことが大切です。

コーヒーを飲む際の注意点とは

朝は食欲がないからと、コーヒーだけで済ましてしまったり、小腹がすいた時に飲むという方は多いかかもしれません。確かに、コーヒーには覚醒作用があり眠気を覚ます効果がありますが、脳の急激な覚醒は体への負担となり、だるさやストレスの原因にもなりかねません。胃酸を分泌させる働きがあるので、空腹時に摂取すると胃を荒らしてしまう恐れがあるということです。

注意点としては朝起きてすぐコーヒーを飲むのではなく、朝食時や食後に飲んだり、出来るだけ空腹時を避けるようにすることです。もし空腹の状態で飲むのであれば、牛乳を足したりしたほうが良いでしょう。また、リラックス効果があるからといって、寝る前に飲むことも控えた方が良いでしょう。前述した通り、脳が覚醒化されてしまうと眠れなくなり、睡眠の質が低下してしまいます。

過剰摂取は体に悪影響を与える

美容や健康に良い効果もあるとされるコーヒーですが「飲み過ぎ」には十分注意が必要です。カフェインがもたらす主な作用は覚醒作用、脳細動脈収縮作用、利尿作用ですが、一番の注意点はカフェインの過剰摂取により中毒になってしまうことです。

一度に多量にカフェインを摂取すると、中枢神経が興奮状態となります。その結果、目が覚めてしまって眠れなくなってしまい、睡眠の質が低下してしまいます。そのため、自律神経のバランスを崩しやすくなり、気分が落ち込んだり頭痛がしたりと体に不調があらわれることがあります。また次の注意点としては、神経が興奮することで胃酸が過剰に分泌され、胃や食道を荒らしてしまうということです。空腹時や胃腸が弱い方は飲むのを控えましょう。

適量は一日2杯~3杯

どんなに健康に良いと言われているものでも、飲み過ぎたり食べすぎたりすれば肥満になったり栄養が偏ってしまったりして良くありません。過剰摂取でカフェイン中毒になって体を壊してしまっては元も子もありませんよね。きちんと注意点を守る必要があります。

コーヒーを飲むのは一日にマグカップ5杯までを上限としましょう。また、だからと言って3~4杯を一気に飲んでしまうことも良くありません。下痢を引き起こしたり胃酸過多となって胃が荒れてしまう原因となる恐れがあります。コーヒーの効果はおおよそ3時間程度続くと言われていますので、一度に何杯も飲むのではなく、一杯ずつ3~4時間程度のペースで飲むのがお勧めです。

注意点を守って効果的にカフェインを摂取しよう

これまでにお話しした注意点を守れば、コーヒーは私たちにさまざまな嬉しい効果を与えてくれます。新陳代謝が良くなったり冷えや肩こりが改善されたり、近年では美容やダイエットにも効果的だとも言われています。しかし、過剰に摂取したり、飲み方を間違えると効果が半減したり体に不調が現れてしまう恐れもあります。

また、摂取量を守っていても毎回砂糖を大量に入れたりしていては糖尿病や肥満を引き起こす原因になりかねません。また、妊娠中の方は流産や早産のリスクもありますのでノンカフェインのものを選ぶ等、摂取を控えましょう。以上の注意点をふまえて飲み方を工夫すればコーヒーがもたらす良い効果はさらに高まるでしょう。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう