行楽にぴったりの季節のゴールデンウィークには。 - ゴールデンウィーク 5月第1週 -

-AD-

そもそもゴールデンウィークとは?

ゴールデンウィークとは、4月の末から5月の始めにかけての大型連休のことで、黄金週間とも呼ばれます。一年で一番長いとされる連休となる為、沢山の方が行楽スポットなどへ足を運びます。
ゴールデンウィークの間にある祝日とは、4月29日の昭和の日、5月3日の憲法記念日、5月4日のみどりの日、5月5日のこどもの日となります。
企業や会社などでは、まとめて休みを取る方が多く、海外旅行に行く方も多くいらっしゃいます。観光スポットなどは、この時期が稼ぎ時とも言えますので、あちこちの観光スポットが人で賑わいを見せます。高速道路も渋滞が長い距離に渡って起こる為、渋滞の様子はニュースなどで大きく報道されます。
最近では、9月の同じような祝日が重なる連休のことをシルバーウィークと呼びます。

ゴールデンウィークにおすすめの行楽は。

ゴールデンウィークは、丁度空気が暖かくなる時期でもありますので、おすすめの行楽スポットは桜の花見が出来る場所となります。4月の末頃から、日本の北側では桜が満開に咲きますので、家族皆でお花見に出かけることをお勧めします。桜ではなくても、沢山の花々が咲き乱れる時期でもありますので、ゆっくりとハイキングなどを行うのも気持ち良いのではないでしょうか。
ゴールデンウィークには、様々な行楽スポットでイベントやショーが行われます。よって、お子様がいらっしゃる方は、遊園地などもお勧めです。ゴールデンウィークだけのイベントなども行われており、子ども達のヒーローによるアクションステージなども、多く行っています。
家族皆で楽しく遊ぶことが出来る場所でもありますので、こちらもお勧めです。

ゴールデンウィークにはキャンプもお勧め。

キャンプ場でアウトドアを楽しむことは、夏に行うのが一般的ですが、ゴールデンウィークは空気も暑すぎなくて、涼しい気温の中で楽しむことが出来ますので、お勧めです。
キャンプ場では、子どもたちが普段はしないようなお手伝いをしてくれたりしますし、自然にゆっくりと触れ合うことが出来る大事な行楽スポットです。外で食べるご飯は何より美味しいですので、ゴールデンウィークにキャンプを行うのも良いのではないでしょうか。
しかし、5月は夜になるとまだ少し空気が冷えますので、厚手の上着や温かい食事を取ることをお勧めします。
この時期に訪れたい観光スポットは沢山ありますが、キャンプ場などの自然を思い切り感じる事が出来るような場所もとても素敵ですし、何より良い思い出となりますので、是非参考になさって下さい。

この記事が気に入ったらいいね!しよう