家族で過ごすゴールデンウィークは充実した日々に - ゴールデンウィーク 5月第1週 -

-AD-

この時だからこそたっぷりと愛情を注ぐ

こどもの日には菖蒲湯に入るご家庭がとても多いです。菖蒲湯になぜ入るのか?という理由についてなのですが、これは勝負=菖蒲という言葉の掛け合わせであると同時に、菖蒲は切れ味が鋭いものであり、刀と似ているとして連想出来る点があります。

そのことから、日本でも昔は刀は武士の証としてとても貴重なものであったこと、また命を守ってくれるものであった理由から、菖蒲は縁起が良いとされて、現在のような形の菖蒲湯があります。また同時に、菖蒲=勝負という読みが同じという意味合いなどからも「強く、元気に、健康に育ってほしい。無事に大きく育ってほしい」という親御さんのお子さんへの気持ちが込められたお湯になっています。特に、昔は現在ほど医学などが進歩していなかった関係から、お子さんが亡くなってしまうケースも多く、この点からも強い親御さんの愛情を感じることができるお湯となっています。

食事も楽しくパーティー気分

こどもの日にはちまきを食べる風習が今でも残っています。また、このちまきについては、中国から伝わってきたものとされており、ちまきを食べる風習は、現在でも多くの地域に残っています。

ちまきについてなのですが、とても悲しい、そして人々に愛された中国の方の伝説があります。屈原という中国人の方がこの伝説の人物になっています。屈原はとても偉い方であり、その昔の中国でも人格者として有名な方であり、とても多くの人に慕われ愛されていました。しかし、運悪く失脚してしまい、その悲しみから川に身を投げて、亡くなられてしまいます。屈原を愛していた人々は、魚が彼の遺体を食い散らかすことを恐れて、「ちまき」を川に投げ入れた、とされています。ちまきを食べる風習については、屈原のように人々から愛される人格者になって欲しい、という親御さんの願いが込められている、と言われています。

雨でも楽しめる自宅映画館

こどもの日には、鯉のぼりを飾ります。この鯉のぼりについては、女の子が生まれた場合にも、男の子と同様に飾って良いとされています。

さて、この鯉のぼりですが、こちらも中国から伝わってきたことが由来となっています。日本の昔からの言葉に「鯉の滝登り」というものがあります。これは、鯉が滝登りをしていくと、いつしか竜に変化することが出来る、という謂れがあり、このような伝説から、縁起の良いものとして、「鯉のぼり」が子どもの日には飾られるようになりました。また、伝承の元である中国の場合には、「黄河」と呼ばれる巨大な川がありますが、この「黄河」の難所を登り切った鯉は同じように竜に変化する、という伝説が残っており、ここから、鯉のぼりは立身出世の象徴として縁起が良い象徴とされ、現在でも広まっている、とされています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう