観光の目的で過ごす人が多いゴールデンウィーク - ゴールデンウィーク 5月第1週 -

-AD-

植物が美しい観光地が人気

ゴールデンウィークの時期は、5月の上旬となるために、穏やかな陽気に誘われて植物を眺める人が多くなります。日本各地の観光地では、ツツジや芝桜などが見頃を迎えるため、開花前からは注目度が高まることになります。芝桜については絨毯のように広がるのが特徴で、公園や丘陵地の場所で植栽される場合には、壮大な風景が広がります。ツツジについては東京の根津神社が特に有名で、見頃の時期になれば外国人観光客からの注目も集めます。春の桜の時期が終わった後ですが、この季節でも花見を楽しむ文化が継承されています。梅雨に入る前の涼しい陽気の中で、新緑の風景を眺めることも人気です。仙台ではケヤキ並木を眺めたり、広瀬川沿いの並木を鑑賞できます。名古屋の久屋大通においても、見事な新緑風景を眺めることができます。

ゴールデンウィークに人気になる山

ゴールデンウィークの季節には、各地の山では雪解けが進むために、登山やハイキングを楽しむ人たちが多くなります。比較的に低い山であれば、手軽な観光ツアーで訪れることができます。3000m級の山に登るためには、冬山の装備が必要なのですが、この時期から挑戦することも有意義です。日本の各地の山々では、寒さに耐えた後には多くの高山植物が花を咲かせて、お花畑の素晴らしい景観が広がるようになります。長野県の上高地へ訪れる場合には、豊富な雪解け水と残雪の山岳風景を一望できます。富士山の周辺へ訪れる場合でも、残雪と新緑の風景を同時に眺めながら、素晴らしい思い出を作ることが可能です。火山の観光地の中でも、ジオパークに選ばれている場所では、地質学的な観察も楽しめます。

ゴールデンウィークの混雑を考える

ゴールデンウィークになると、各地の観光地を目指して人々の大移動が始まります。混雑が短い期間に集中するために、道路では渋滞が慢性的になることがありますが、様々な工夫をして乗り切る知恵もあります。今では混雑を分散化させるために、創意工夫をして旅の計画を練ることも珍しくありません。鉄道では乗車率が高くなり、指定席を取ることが難しい場面に直面することも発生します。このような混雑も風物詩の一つとして受け入れることも可能ですが、最初から回避する方法も考えられます。混雑しそうな幹線道路は避けて、旧街道を歩いて巡ることも、観光の楽しみの一つです。東海道の旧街道を巡りながら、世界遺産の富士山の景色を眺めれば、昔の旅人の気分も満喫できます。混雑を避けるようにして、博物館や美術館でゆっくりと観光を楽しむことも有意義です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう