旅行やイベントを楽しめる絶好のチャンスであるゴールデンウィーク - ゴールデンウィーク 5月第1週 -

-AD-

ゴールデンウィークの語源

今でこそ日本人の間ではしっかり定着したこの「ゴールデンウィーク」という言葉ですが、元々は映画会社の大映の常務取締役であった松山英夫さんという方が作った宣伝の為の言葉だと言う事を知る人は多く無いようです。
お正月やお盆などのように、多くの人達に映画を見てもらおうとして作られた言葉です。
さらに元々は「黄金週間」という言葉が使われていましたが、それではインパクトが無いという事で「ゴールデンウィーク」という言葉が使われるようになったようです。
今でもNHKや民放や新聞などのメディアでは「大型連休」という言葉が使われていますが、世間ではゴールデンウィークという言葉の方がすっかり浸透しています。
また、これに対して、最近では秋の大型連休の事もシルバーウィークと呼ばれるようになりました。

ゴールデンウィークの過ごし方

年間を通して、ゴールデンウィークのようにまとまった休日が取れる機会というのはそう多くは有りませんので、かなり前からどのように過ごすかという予定や計画を立てている人は多いようです。
ゴールデンウィークの過ごし方は様々です。
日頃の疲れを癒すために何も予定を立てず休息をする人、家族で遊びに行く人、帰省する人、また国内旅行や海外旅行などを楽しむ人も多いようです。
普段ではなかなか行く事が難しい、遠方の外出をするチャンスでもあるのですが、その一方で一斉に大勢の人が移動する事で交通機関の混雑なども毎年話題になります。
新幹線や飛行機などは予め席を取っておけば問題ありませんが、高速道路の渋滞はタイミングを考えたりするなどの工夫が必要だと言えるでしょう。
有効な過ごし方をする為には、前もって賢く計画や予定を立てておくと良いでしょう。

国内旅行か海外旅行か

ゴールデンウィークは1年を通しても数少ない連休ですから、旅行を計画するには絶好の機会だと言えるでしょう。
最近では全てネットでホテルの予約や新幹線、飛行機の座席を予約する事も出来ます。
以前よりも旅の計画を立てるのはより簡単な時代になって来ていると言えるでしょう。
国内旅行、海外旅行にはそれぞれのメリットやデメリットがあります。
国内では、費用の安さや手軽さ、また国内の治安の良さなどの安心感があります。
一方でゴールデンウィークには混雑するというデメリットもあります。
海外では、ゴールデンウィークならでは混雑を避けることが出来るというメリットがあります。
また、国内では体験出来ない文化や景色などを見る事が出来ます。
一方で、費用の高さや、地域によっては治安の悪い場所もあるというデメリットは有ります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう