日本にはおすすめのジェットコースターがたくさん存在する - ジェットコースター 2018年7月9日 -

ジェットコースターといえば、遊園地の人気アトラクションですが、日本にはおすすめのジェットコースターがたくさんあります。特定の人におすすめできる物もありますので、覚えておくと役に立つことがあるものです。

-AD-

初心者向けから上級者向けまである

日本には初心者向けのジェットコースターから上級者向けのジェットコースターまでありますので、選び方次第で誰でもしっかりと楽しめるものです。ジェットコースターはスリル満点のアトラクションですから、無理をすると体調が悪くなる恐れもありますので、自分に向いているレベルの物に乗ることが大切です。どの遊園地にどういった種類のジェットコースターがあるか知っておけば、友達と行く時にはこの遊園地、恋人と行く時にはあの遊園地といった具合に行き先を選びやすくなりますので、色々と覚えておくと便利でしょう。初心者は、少しずつジェットコースターのレベルを上げていき、自分のペースで慣れていくようにすると良いでしょう。

初心者向けの日本のジェットコースター

日本にはおすすめのジェットコースターがたくさんありますが、ジェットコースターによっては、一部の人にしかおすすめできないという物があります。
例えば、初心者におすすめのジェットコースターがサイクロンです。サイクロンがあるのは、日本に昔からある遊園地である、としまえんです。日本の遊園地のジェットコースターの中では、過激さが控えめですが、物足りないというほどでもなく、ちょうど良いスリルが味わえるとも言えるのです。ですから、初心者におすすめのジェットコースターなわけです。所要時間は2分15秒ですから、日本の他の遊園地にあるコースが長いジェットコースターよりも1分以上短く、初心者が挑戦しやすいものです。

上級者向けの日本のジェットコースター

日本にある遊園地の中で、上級者におすすめのジェットコースターといえば、富士急ハイランドのFUJIYAMAです。
日本の遊園地には、上級者におすすめのジェットコースターが他にもありますが、このアトラクションは全体の景観に迫力があり、スリルポイントがいくつもありますから、侮れません。1997年度のギネスブック掲載ということで話題になりましたが、20年経ってもその魅力は色褪せることがありません。コースの全長は2,045メートルで、所要時間は3分36秒とたっぷりです。最高部は79メートルで、最高速度は130キロに達します。最大落差は70メートル、巻き上げ高さは71.5メートルと迫力満点のジェットコースターとなっています。

中級者向けの日本のジェットコースター

初心者におすすめのジェットコースターは物足りないけれど、上級者におすすめのジェットコースターは挑戦しにくいという人におすすめなのが、東京ドームシティの遊園地にあるサンダードルフィンです。
80メートルの高さまで上っていき、最高速度は130キロ、最大傾斜角度は80度のジェットコースターですから、なかなかハイスペックですが、コースの全長は1,100メートルですから、結構挑戦しやすいものです。ビルに開いている穴の中や観覧車の中心を通り抜けるという何ともユニークなコースとなっているのが注目どころで、日本の他のジェットコースターとは一線を画する魅力があり、こういった個性がおすすめポイントです。

ジェットコースターの魅力的は色々とある

ジェットコースターの魅力というのは、コースの全長や最高速度や最大傾斜角度など色々とあります。色々な魅力があるバランスのとれたジェットコースターというのもあれば、見どころは少ないけれどインパクトがあるジェットコースターなど、とにかく種類がたくさんあって面白いものです。また、同じぐらいのスペックのジェットコースターであっても、立地によって見える景色が変わりますから、それによって独特の面白さやスリルといったものを味わえることもあります。こういった観点でもジェットコースターを捉えるようにすれば、より楽しむことができるでしょう。日本には魅力的なジェットコースターが多数存在しますので、まずは幅広くリサーチしてみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう