スケートの日 - 2017年12月25日 -

12月25日はスケートの日です。スケートの日の由来は、イギリスの探検家であるトーマス・ライト・ブラキストンが1861年の12月25日に日本で初めてスケートを行ったという歴史があるからです。他にもいくつか説があります。

-AD-

スケートの日の由来を知っていますか

日本では冬のスポーツとして馴染みのあるスケートですが、スケートの日があることをご存じでしょうか。スケートの日は12月25日のクリスマスです。何故、12月25日がスケートの日になったのか、それには、色々な説と由来があります。日本に来日していた海外からの来訪者によってスケートが伝わったという歴史がいくつかあります。近代スポーツというイメージがありますが、江戸時代にはすでにスケートは日本でも行われていました。

日本でスケートの日が制定されたのは、1982年で、日本スケート場協会によって制定されたという歴史があります。実際にスケートが競技として日本で行われた歴史は、1909年です。長野県にある諏訪湖で日本で初めてのスピードスケート大会が行われたという歴史が残っています。

スケートの日の由来と歴史には色々な説があります

12月25日はスケートの日なのですが、スケートの日の由来は色々な説があります。一番有力な説には、1861年12月25日にイギリスの探検家でもあるトーマス・ライト・ブラキストンという人が、日本で初めてスケートをしたので、この日をスケートの日とした説があります。

他にもいくつか由来となった説があります。トーマス・ライト・ブラキストンという人物よりももっと先にスケートを日本で行った人物がいます。1792年にロシアの使節ラクスマン一行が根室湾内でスケートを滑ったという歴史もあります。この他にも1877年に札幌農学校のアメリカ人教師ブルックスがスケートを日本人に紹介したという説も残っています。

日本のスケートの歴史について

アイススケートは冬の遊びとして現代人には馴染みのあるスポーツの一つです。近代のスポーツというイメージが強いのですが、江戸時代にすでにスケートが行われていたという歴史が残っています。一番古い歴史には、1792年にロシアの使節ラクスマン一行が根室湾内で、日本初となるスケートを行ったという説も歴史に残っています。

2番目に古い歴史は、1861年の12月25日に、イギリスの探検家トーマス・ライト・ブラキストンが函館に来ていた時に、スケートを行ったという歴史もあります。1877年に札幌農学校があったのですが、この時アメリカ人のブルックスが日本人にスケートを教えたという歴史があります。日本各所でこうした歴史が残っていますので、当時の日本人にとっては初めて見る光景にさぞ驚いたことでしょう。

フィギュアスケートは図形という意味があります

スケートといえば、フィギュアスケートを想像される方もいらっしゃることでしょう。フィギュアスケートは、美しい所作で可憐に氷の上を踊りながら滑るスポーツではなく、氷の上にどれだけ綺麗な図形を描くことができるかというのを競うスポーツでした。フィギュアには、図形という意味があり、フィギュアスケートの由来にもなっています。昔のフィギュアスケートは、現在のフィギュアスケートとは全く違うスポーツでした。

日本でスケートの競技が初めて行われたのは、1909年です。長野県の諏訪湖で、日本で初めてのスピードスケートの大会が行われました。フィギュアスケートの大会が行われた歴史は、1922年のことです。

スケートの由来は日本各地で残っています

12月25日はスケートの日です。現代では、日本のスポーツとしてなじみのあるスケートですが、昔の人にとっては、氷の上を滑って遊ぶことはとても珍しいことでしょう。スケートの日の由来にはいくつかの説があります。一番な有力な由来の一つは、1861年に函館に来ていたイギリスの探検家トーマス・ライト・ブラキストンが日本で初めてスケートを行ったというものです。他にも歴史や由来がいくつかあります。

フィギュアスケートの由来は、氷の上を可憐に踊りながら滑るのではなく、氷の上にいかに綺麗に図形を描くことができるかということが由来になっています。フィギュアという言葉には、図形という意味が込められており、それがフィギュアスケートの由来になっているのでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう