おすすめの服装で楽しむスケートの日 - スケートの日 2018年12月25日 -

スケートの日にはおしゃれをしてリンクに出かけてみてはいかがでしょうか。
リンクでも安全に暖かくすごせる服装で華麗なスケーティングを披露しましょう。おすすめのコーディネートでスケートの日を満喫してください。

-AD-

初めてでもこれで安心のスケート心得

今や国民的スポーツともいえるほど人気のフィギュアスケート。憧れのスター選手のようにスケートをしてみたいという少年少女も多いのではないでしょうか。スケートをするには、専用のリンクに足を運ばなければいけないため、あまり頻繁に訪れることはないかもしれませんが、スケートの日にはぜひ、親しい友達とスケートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スケートはコツさえつかめば、滑るだけなら簡単です。初めてでも、長いブランクがあっても難しいものではありませんが、リンクは氷が張っているため寒く、転べば固いので慣れている人でも安全には十分気を付けなければいけません。スケートの日におすすめの暖かい服装でお出かけしましょう。

スケートの日を安全に過ごすために

スケートをするときにおすすめの服装は何よりも動きやすくて暖かい物。上手な人はかなりの運動量で体も温めることができますが、初心者は恐る恐る足を出していくのが精いっぱいになりがちです。初めての人も汗をかくまで運動できないので、リンクの中でも冷えない服装で挑むのがおすすめ。

また、スケート場では手袋を必須としている場所も多く、安全にスケートを楽しむために守らなければいけないことのひとつです。万が一、転んで手をついたときにほかのスケーターが滑ってきて手の上を通っても最悪の場合を逃れるためですので、忘れずに持っていきましょう。また、氷の固さからも守るため、ニットキャップを被ったり、ひざやひじなどが隠れるような服装を心がけることも必要です。

スケートの日を楽しくするためのおすすめアイテム

スケートの日はみんなで楽しくスケートを楽しみましょう。リンクに持っていくおすすめアイテムをチェックして快適にスケートの日を過ごしてください。まず、スケート場は氷が解けないように若干寒い温度でキープされています。動いて汗をかいた後、休憩中などに冷えてしまうこともあるので、カイロなどを用意しておくとお腹や背中などを温めることができます。靴の中に入れることのできるカイロもおすすめです。

レンタルのスケート靴があるアミューズメント性の強いスケート場も多いですが、滑りやすさから言えば自分のスケート靴を持っていた方がよいでしょう。スケートの日を記念して購入してみてもいいかもしれません。他にも温かい飲み物やタオルなど必要に応じて持参しましょう。

スケートの日に気を付けたいポイント

始めてスケートリンクに足を運んだら、まずは靴を履いて氷の上に立つことから始めます。動きやすい服装で、暖かく、露出の少ない服装、手袋を装着すれば完璧です。リンクの中ではたくさんの人が縦横無尽に滑っていることも多く、レベルの高い人がスピードを出して滑ってくることもあるため、衝突などしないように周囲に気を配る必要があります。

もちろん、レベルの高い人の方が避けて、初心者の安全に配慮するのが普通ですが、思いがけない動きなどをしてしまうと避けきれないということもあります。故意に邪魔をしたりするようなことはやめましょう。また、リンクの外周には休憩の設備やベンチなどがありますが、スケート靴をどこまで履いていっていいのか最初に確認しておきましょう。

スケートの日におすすめのかわいいコーディネート

暖かい服装は一歩間違うともさっとした印象になってしまうことがあります。露出を抑えた服装でもかわいさを失わないようにコーディネートを考えましょう。スケート場では目立った色を使った方が目立つので安全性も高くなります。差し色として赤やピンク、イエローなどのビビットカラーを服装に取り入れるのがおすすめです。

アイテムとしては、ニットキャップ、マフラー、ストレッチパンツ、スカートならばタイツを合わせて、アウターもニットカーディガンなど動きやすいものがおすすめです。スケートの日にはたくさんの人がスケート場を訪れます。おしゃれな服装で周りに差をつけながら、思い切り楽しむのがおすすめの過ごし方です。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう