スケートの日におすすめのスケート場について - スケートの日 2018年12月25日 -

スケートの日は、毎年12月25日となっています。この日はクリスマスで、全国の多くのスケート場で割引になるとのことです。
都内、都外問わず、おすすめのスケート場があふれています。

-AD-

スケートの日について

毎年12月25日はスケートの日と称されています。その理由ですが、この日はクリスマスであり、各地のスケート場の入場料が割安になるといったことで、この日にスケート場に行き、スケートすることはおすすめです。そもそもは、1861年に、イギリス人のトーマス・ライト・ブラキストンが日本で初めて、函館でスケートをしたことが始まりと言われており、それを記念して昭和57年に、この日がスケートの日と命名されたとのことです。

この日は、多くのスケート場が割安になることから、東京都区内は勿論、大阪や名古屋等のスケート場が人でごった返します。ですが、割安とあっては、スケートをするにおすすめな日といえるのではないでしょうか。

東京都区内の山手線沿線でのお勧めのスケート場

東京都区内では、多くのおすすめのスケート場があります。都区内でしかも山手線沿線上には、高田馬場に屋内スケートリンクが整備されています。この屋内リンクは、ホッケーリンクであり、パイピングの400メートルリンクではありません。横長で全面滑走可能となっています。ボウリングと合わせた形でプレイできますので、デート等には最適と言えるのではないでしょうか。

ただし、何より良いのは、山手線沿線上にあるという立地の良さでしょう。この立地で、しかも屋内のリンク、加えてスケートの日は割安になるということは、おすすめ以外、何物でもありません。是非、このスケート場に足を運び、スケートの日を楽しむことをおすすめします。

東京都内のその他のおすすめのスケート場

スケートの日におすすめのスケート場は、何も、東京の山手線沿線だけに止まりません。その多くは、山手線沿線以外にあります。その中でも、赤坂のスケート場は、スケートの日に滑ることをおすすめします。このスケート場は、屋外にあり、イルミネーションを楽しみながら滑ることができることが、そのおすすめの理由です。

イルミネーションを楽しみながら、割安でクリスマスに滑ることができるため、デートコースとしても、本当におすすめといえるでしょう。また、その他に、東京スカイツリーを見ながら滑ることができるスケート場もおすすめの一つです。スケートの日は割安になるため、デートスポットとしても最適といえるでしょう。

東京以外でのスケートの日のおすすめスケート場

スケートの日におすすめのスケート場は、何も東京都内だけではありません。実は大都市圏ではなく、地方に目を向けると、超格安のスケート場が目白押しといった感じです。そんな中でも、北海道の苫小牧や釧路、青森県の八戸はスケートのメッカとされており、デートの時でも滑る場合があります。

但し、スケートのメッカと言われている地域は、男性でフィギアスケート靴を履くのは恥といった風潮あるため、履いていると目立ちますし、変な目で見られます。最悪でもホッケー靴です。ホッケー靴で滑るにしても、有る程度は練習が必要であるため、初めてあるいは何回目かで、デートで来ることはおすすめしません。滑りの上手さを見せつけるためなら、メッカと言われている都市で滑るのは何ら問題はありません。

スケートの日はあくまでレジャーで

スケートの日に行くスケート場でおすすめなスポットは、あくまでレジャーと割り切って、12月25日に割安になるスケート場に行くことをおすすめします。その様なスケート場は、レジャーと割り切っているため、スピードスケートを履いて、猛スピードで練習するといった方もいないでしょう。

これが、地方のスケートのメッカと言われている街のスケート場に来ると、皆、それなりにスピードを出して滑っているため、初心者の方には絶対に向きません。下手をすると、激突等の恐れも充分に考えられるからです。但し、スケートのメッカと言われている場所で慣れた方でしたら、デートコースとして、申し分なく、そのペースにも付いていけるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう