健康への役割を果たすお菓子もある - スナックの日 6/21 -

お菓子は、心と体の健康をサポートしてくれる役割を果たしています。人とのコミュニケーションを楽しくさせたり、不足しがちな栄養素をプラスしてくれる良い機能も持っています。

-AD-

健康に良いお菓子もある

お菓子というとスナック菓子やチョコ菓子を思い出して、油が多い、砂糖が多いという悪いイメージで見られがちです。確かにそういう一面もありますが、健康のための役割を果たしているお菓子も存在します。
例えば、最近では野菜を使ったスナックなども登場していて、これには食物繊維やビタミン、ミネラル、などが含まれています。野菜嫌いの子供だと、肉やご飯ばかりで炭水化物と脂質が多めになってしまいますが、ここに野菜のお菓子をプラスすれば栄養バランスを整える役割を果たしてくれます。栄養バランスという面から見ると、お菓子は決して体に悪いばかりではないということです。健康をサポートしてくれる役割も持っています。

心と体へのお菓子の役割

お菓子には心を豊かにするという役割もあります。人間はものを食べている時に会議をしたほうが話がしやすくなって、内容がまとまりやすくなります。これは、お菓子の美味しさによって心が和んでリラックスするからです。脳のエネルギー源であるブドウ糖を含んでいる砂糖は、イライラした人を慰めてくれる役割を果たしてくれます。また、お菓子はカロリーが高くて油っこいものばかりと言われがちですが、野菜スナックや寒天菓子などであれば、カロリーはさほど高くないです。それ以上に食物繊維の補給になるので、腸内環境を整えて体の機能を改善してくれます。心と体の健康をサポートしてくれる役割がお菓子にはあるということです。

どんなお菓子が健康的か

どんなお菓子だと心や体を健康にしてくれるかというと、糖質以外の栄養素が含まれているお菓子です。
例えばスナック菓子は炭水化物と脂質が多いと言われていますが、野菜入りのスナックであれば、ここに食物繊維やビタミン、ミネラルといった体の機能を整える栄養素をプラスできます。しかも食物繊維が含まれているので血糖値の急上昇が防げるので、太りにくくなります。甘いもの系であれば、和菓子などは砂糖を供給して脳のエネルギーになってくれます。小豆のようなものであれば、たんぱく質や食物繊維が豊富に含まれているので、脳の疲労を回復させながら体を作るたんぱく質と腸内をきれいにしてくれる食物繊維が摂取できます。

健康的でも食べ過ぎには気をつけて

どんなに健康的なお菓子といっても、食べ過ぎは良くありません。物事には限度があります。そもそものお菓子の役割は、食事でとりきれなかった栄養素をプラスして心や体を健康に保つことです。
健康的だからといってそればかり食べるのでは、食事から取れる栄養素が不足してしまうので気をつけましょう。また、お菓子を一人でムシャムシャ食べるというのもお勧めできません。お菓子は誰かと楽しく語らいながら食べたほうが心が豊かになります。特に子どもの場合は一人で食べさせるのではなく、周りの人とコミュニケーションを取りながら食べたほうが心が育まれます。結果的に食べる量が少なくても、満足できるようになります。

お菓子は心と体を健康にしてくれる

お菓子の役割は、心と体の健康をサポートしてくれることです。そのためには、できるだけ不足している栄養をプラスできるようなお菓子を選ぶといいでしょう。
野菜スナックや和菓子などであればヘルシーですし、たんぱく質、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの不足しがちな栄養素の補給にもなります。もちろん、たまにであればケーキや普通のスナック菓子を食べてもいいでしょう。大切なのは美味しく節度を守って食べることです。人と語らいながら食べることで心が満たされやすくなるので、食べる時には誰かと一緒に食べるようにしましょう。心と体を豊かにしてくれて、人生を楽しくしてくれるのが、お菓子が持っている役割です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう