多くの人に愛されてきたお菓子の歴史とその種類 - スナックの日 6/21 -

お菓子は食べる人を幸せにしてくれる存在です。日本独自の素材を使って作られるお菓子から現在のスナック菓子までその種類はとても多く、歴史と共に独自の進化を続けてきたものも数多くあります。

-AD-

独自のお菓子からスナック菓子までの進化

お菓子の歴史は古く、日本でも大陸からの文化が入るより前から固有のお菓子が作られてきたのが始まりといわれています。その後お菓子作りのための味や形などの技術が進歩したり、砂糖を使った茶菓子の需要が高まった時代を経て、室町時代にはポルトガルやスペインからの南蛮菓子が食べられるようになりました。やがて茶の湯の文化が進化したことによって現在の和菓子に通じる上等のお菓子が作られることなり、さらにその後の明治時代には海外から洋菓子が輸入されるようになりました。そして戦後にはガムやチョコレートなどの菓子文化が入り、食生活が豊かになった現在では様々な嗜好にあわせたスナック菓子なども豊富に作られるようになりました。

様々な歴史を経て多くの種類のお菓子が誕生

お菓子はその時代と共に様々な進化を遂げてきました。古くは果物も含めたものがお菓子と呼ばれ、独自にその製造方法が進化し、やがて砂糖の輸入が増えたことで茶菓子が作られるようになり、現在の和菓子の原型が生まれました。さらに南蛮菓子が紹介され、茶の湯の進化で極上の和菓子が作られるようになり、洋菓子が輸入されてチョコレートやビスケットなどが食べられるようになったことで、国内にも多くの製菓会社が出来ました。そして辛い戦争の時代を経て再びお菓子の国際化時代が花開き、現在の生活スタイルに合わせてスナック菓子など様々な種類が製造される現代に至っています。子供のおやつとしてだけでなく大人の嗜好を満たし、さらに健康志向にも対応する商品など、その種類は驚くほど多様化してきたという歴史があります。

輸入されて国際化したお菓子の種類

歴史の中で長く鎖国を続けた日本では、明治維新以後はキャンデーやチョコレート、ビスケットなどの西洋のお菓子が輸入される時代を迎えました。人々の生活の中に急速に西洋文化が入り込んだ時代、伝統的な和菓子とは異なる西洋のお菓子の多くの種類が人々の間に広く親しまれるようになったことで、この時代に日本の名だたる製菓会社が設立されました。歴史的なお菓子の国際化による嗜好の変化に対応するため、これらの会社では様々な種類のお菓子を製造し、さらに多くの人々がそのおいしさに魅せられ、次々とヒット商品が世に送り出されることになりました。歴史の中で新しい文化が花開くと同時にキャンデーやビスケット、チョコレートといったハイカラなイメージのあるお菓子の種類が瞬く間に広がっていった歴史があります。

豊かな暮らしの中で多様化したお菓子の嗜好

明治から昭和にはいると暗い戦争の時代という歴史を経て、戦後には人々は渇いた喉を癒すようにお菓子業界にも活発な動きが生まれ、お菓子の多くの種類が大量生産される時代を迎えました。やがてお菓子の自由化によってチューインガムやキャンデーなどが大量に消費されるようになり、豊かになった日本人の間でスナック菓子が好んで食べられるようになり、現在の多くの種類の製品が生み出されることになりました。気軽に食べられてそのおいしさから高い人気があるスナック菓子ですが、一方で高カロリーで塩分も多いなどを心配する声から、おいしさだけでなくより消費者の嗜好が多様化してきたことに伴って、現在はより健康志向を意識したスナック菓子なども多く製造されるようになりました。

独自の進化を続けてゆく日本のお菓子

お菓子はかつては庶民には手の届かない存在だった歴史が長く続きました。鎖国や戦争といった様々な歴史の中でお菓子に対する人々の思いを形にしたものが現在にも受け継がれ長く愛され続けている種類も数多くあります。高級な洋菓子から昭和の時代を懐かしく思い出す駄菓子まで、人々は様々なお菓子を楽しみ、メーカーもそれにこたえるように多くの種類を世の中に送り出してきました。かつての輸入品であったスナック菓子も日本独自の進化を遂げ、今や世界の人がそのおいしさのとりこになるまでの存在になっています。そしておいしさだけでなく健康志向にも対応した製品など、スナック菓子をはじめお菓子はこれからも更なる進化をしていくことでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう