お菓子とスナックの違いを知ろう - スナックの日 6/21 -

お菓子とスナックという言葉がありますが、意味が異なり違いを知っている人は意外に少ないでしょう。スナックの意味を理解し、言葉の違いや由来について知っておくと更に楽しく美味しく堪能できますよ。

-AD-

スナック菓子と一般的な菓子の違いは?

一般的な菓子は、甘味が感じられるような食べ物で、食事の後の間食に楽しみながら食べるものという定義が元々あります。昼食後から夕食後に空腹感を満たす事を目的とされているものを示します。ビスケット、ケーキといった甘味があって、食感が楽しいと感じるよう工夫されたものです。その中でも、スナックは軽くサクサクした食感を特別感じる事ができます。スナックにはおやつやおつまみ、また軽食といった意味が元々あり、原料には芋、トウモロコシ、米粉や豆類といった炭水化物系を油で揚げている菓子類の事を示します。そのため、一般的な菓子の中でもカロリーは高めになります。実際には、JAS法でスナック菓子の定義は存在していません。お菓子業界が漠然と区分の為スナックという名称が存在しているのです。

スナック菓子の意味について

スナック菓子は、メーカーで製造された簡単で気軽に食べられる加工食品です。1960年後半、チョコレートのような菓子では夏場溶けてしまうため、売り上げが下がってしまうという事で明治製菓が発案したものがスナック誕生秘話の中では有名です。元々日本には存在せず、アメリカで最初にスナック菓子が誕生し、それを日本の製菓業界が取り入れ発展したのですね。そのため、アメリカで軽食を指すスナックという言葉がそのまま日本でも使われるようになりました。季節問わず、すぐに食べられる軽い触感の食べ物という意味を持つスナックは、アメリカから取り寄せして、試食する事になったのですが、日本人の口に合うよう工夫されました。やがて爆発的に人気が高まり、お菓子の代表へと変わったのです。

菓子という言葉の意味とは

菓子の意味は、昼食後と夕食前の間食として区分されるものですが、本来使われていた意味は、今とまったく異なるものだったのです。昔中国で使われていた言葉をそのまま日本でも使用する事になりました。もともと果物を示す言葉でした。当初日本でも同じように果物を意味する言葉として使っていた時期がありました。今のように食事と食事の間の間食の意味として使われるようになったのは、かなり後です。平安時代に中国から甘味のある食べ物が伝わった辺りからという事です。ただし果物と菓子の区別は、もっと後です。江戸時代に入って、菓子と果物の区別がつき、現在お菓子と定義される食べ物の事を示すための言葉となりました。

違いについてもっと理解を深める

スナック菓子と菓子の違いは、材料を調理する手法の違いであります。お菓子業界が作った定義という事で、特に一般的なお菓子とスナック菓子を区別するために分けられています。菓子にはたくさんの手法があります。チョコレートや、ケーキ、ビスケットといった甘味のある食べ物ですが、スナックの味覚は、塩や醤油、ソース、コンソメといった食欲をそそられる味付けのものを食用油で揚げて、軽い食感に仕上げたものが一番の違いとなります。ただ、この区分は制が業界の中でも、はっきりした線引きが設けられていません。特殊な製法で揚げられたものです。栄養価が低いに高カロリーで、「食感を楽しむ、手軽にどこでも食べられる」という条件が最優先となっています。その為、一般的なお菓子と比べると、身体的に好ましい食べ物とは言い難いものと言われていました。現在は、低カロリー実現の為に製法も変わってきつつあります。

スナック菓子と菓子の違いのまとめ

一般的なお菓子とスナックの違いは、製造方法の違いと楽しみ方の違いがあるのですね。空腹感を満たす為に発展し更にどこでも気軽に食べられる間食用の食べ物がスナック菓子なのです。軽い感覚で、食欲がそそられる食べ物だけについつい食べ過ぎてしまいがちになります。ただ、油で揚げる製法を用いられている事が多い事でカロリー摂取量が高くなるので、気を付けながら楽しみたいですね。また、有名なスナック菓子事に由来を調べるともっと面白い事が分かってきます。更に日々進化を遂げるスナック、新発売のものは見逃す事なくいろいろと味わって、違いや製法を知って、学びながら堪能してみるとスナック菓子の魅力が今まで以上に感じられるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう