スピリチュアルからの眠い理由と対策について - スピリチュアル 2019年7月1日 -

寝ても寝ても眠い、異常に眠くなる現象はスピリチュアル面からの理由があります。
その理由を知ることはとても大切なメッセージを受け取ることであり、それに対する適した行動によって眠気の対策をすることもできます。

-AD-

スピリチュアルを知る

人は輪廻転生といって何度も生まれ変わっています。もとは皆魂の存在です。いわゆるあの世、霊界と言われる場所に魂として存在し、その魂の向上を得るためにこの世に生まれてきているのです。肉体という殻を着こみ、様々な物質に囲まれて生きることで様々な気づきがあります。

そしてたくさんの経験をすることで精神的な向上を得ることがスピリチュアルの仕組みです。人間として存在しながら霊界とのつながりは途絶えることはありません。生きていく上で色々な困難や迷い、試練を経験する上で霊界からのスピリチュアルメッセージを受けているのです。より良い方向へ進むこと、困難を乗り越えそれを経験として得ることを目指して生まれているのです。

スピリチュアルとしての眠さ

きちんと寝ているはずなのに眠い状況が続くことがあります。もちろん、疲れや病気などが原因となることもありますが、実はスピリチュアルの面からもその眠いということの意味があるのです。人間は睡眠をとっている間に魂が霊界へ戻っているのです。霊界へ戻るということはそこにいる魂たち、そして神様と会いやるべきこと、方向性を話し合っている、享受しているということが行われています。

ですから、睡眠時は体を休めることだけでなく、霊界へ里帰りする時間とも言えるのです。その時間こそがこの世に生きていく上での重要なメッセージを受けられる時間ということにもなります。この世ですべきことを会議してどう進んでいくかの対策を練っている時間であることが眠さの理由と言えるのです。

スピリチュアルの面からの眠さの理由

睡眠をしっかりとっているのに眠いということは、スピリチュアルの面から考えると転機が訪れているということになります。今後起きるべきことに対して魂のレベルでしっかりと知恵をつけているという状況になっているのです。そのため今後においての重要な時期であることを認識することが大切です。霊界での作戦タイムのような時間が普通よりも必要になっていることが理由となり、眠さが訪れているのです。

神様や守護霊様、魂のグループたちとじっくり話し合い、来るべき転機においての作戦を練り、そのための訓練をしているという状況です。ですから、それは喜ばしいことでもあるのです。この時期は夢を良く見ることも特徴です。夢としてメッセージを伝えているというわけです。

スピリチュアルの理由からの眠さの対策

スピリチュアルの面からの眠さは抑える必要はありません。眠れる時間や環境が整っているのであれば、寝たいだけ眠ることが良いのです。その間より良い作戦会議ができているということを理解することでだからです。しかし、仕事中や学業中に眠くなりすぎることも考える必要があるのなら、休憩時間などに瞑想する方法が対策となります。

瞑想している状態は心や頭がスッキリとさえわたります。それによってメッセージが届きやすくなり、自分の置かれていることへの理解力が深まることでやるべきこと、方向性が見えていく速度が速くなり会議の時間が少なくて済むようになるのです。すっきりと眠気がおさまった頃には人生のより良い転機が訪れていることに気づくはずです。

眠い理由と対策について

スピリチュアルとしての眠さは人生のターニングポイントの前触れであり、喜ばしい事であるということを意識することが眠さ対策につながります。霊界とのつながり、そこで行われている自分の人生においての会議を得ることが出来る状況を前向きにとらえられれば、眠いことへの苦痛がなく、それを自然に受け入れられるでしょう。

どんな転機が訪れるのだろうか、そして今自分がやるべきことは何なのだろうかということを意識しながらその時期を過ごすことは、魂がより早く、より高く向上していけるポイントです。様々な経験をし、それに対する感動を得ることためにこの世に生まれて生きているということはとても素晴らしく、それを知ることで生きている意味を発見できるのです。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう