スピリチュアルな意味合いのある引き寄せの好転反応の役割は? - スピリチュアル 2019年7月1日 -

好転反応には色々な種類がありますが、その中のひとつにはスピリチュアルな意味合いを持つものもあり、
引き寄せの法則が働いて起こる反応になります。好転反応には様々な役割がありどれも大切なものです。

-AD-

好転反応は大切なもの

何かが起こった時に体に起こる症状のひとつが好転反応と呼ばれる種類のものですが、これには色々な種類があることで知られています。最も多くの人がイメージをするのは風邪をひいた時に起こる症状で、熱が出たり痰が出たりするのは、体が病原体と戦っているからだと言われています。

それらの症状は、風邪をひいた後に、治癒するまでに必要な家庭であり、一時的に症状だけを見ていると悪いイメージを持ちますが、実は大切な反応だということが分かります。これが起こらなければ本当に悪くなっているものを治すことができず、状態がどんどん悪くなっていってしまうということにつながってしまいます。そのため体にとって必要な役割だということがわかります。

肉体的な症状がメインとなる反応

好転反応には色々な種類があり、肉体的と呼ばれるものがあります。これは体が元々もっている自然治癒力を働かせて症状が起きた時のものです。体は病気をしたり怪我をした時に自分自身で治ろうとする力を持っています。これが風邪の時などに起こる症状で、中には辛いものもありますが、全て体にとって必要な役割です。

実際に起こっている症状をとめてしまうと病気やけがの治りが遅くなることもあるので、自然治癒力は大切にしなくてはいけません。病気だけでなく怪我をした時も同じように反応が起こり、自然治癒力が働きはじめます。どのような人も持っている力で、筋肉痛などもこのうちのひとつに分類されます。最も身近に感じられる種類になるでしょう。

精神的な反応が出ることもある

反応の中には精神的なものもあり、それらはストレスとの関係が深くなってきます。肉体的なものに比べて目に見えてわかるものではありませんが、精神的な反応も多くの人が感じている症状になります。例えばPMSの時に起こる精神的な落ち込みや頭痛などはそれまでの生活で溜めこんだストレスを発散させる役割があります。

それはプライベートのトラブルかもしれませんし、仕事が忙しすぎて感じたものかもしれません。多くの人がこういったストレスを感じながら生活をしているので身に覚えのある人が多いのではないでしょうか。また気付かないうちにストレスを溜めこんでいる人も多く、何か症状になってから始めて精神的なストレスを抱えている現実を知ることもあります。

スピリチュアルな意味合いの反応

反応の中には現実的な反応と呼ばれる種類のものがあり、これはスピリチュアルな視点で物事をみていくことが大切になります。例えば断ることが苦手な人が断ることができるようになった時には引き寄せの法則が働いて、無理な頼みごとをする人が近づいてこなくなります。引き寄せの力はスピリチュアルな話しでよくでてきますが、現実的な反応が起こることもよくあります。

これはただの偶然ではなく引き寄せの力が働いたためで、物事には常にこういった側面があることを覚えておいたほうが良いでしょう。スピリチュアルな物事は目に見えるわけではありませんが、現実を形作っています。スピリチュアルな変化が起きていることを忘れないようにしていきましょう。

好転反応にはたくさんの種類がある

このように目に見えて体に症状としてあらわれるものから、スピリチュアルな意味合いを持つものまで、多種多様ものが存在しています。それぞれに違いはありますが、どれも体にとって必要な役割を果たしており、大切な反応だということを覚えておく必要があります。体はこういった反応を繰り返し起こしながら、健康な状態を保つよう調整しています。

健康に過ごすためには反応に気付くようになり、反応が起こらないように気をつけるとともに、反応が起きた時には適切に対処することも重要です。それぞれの特徴をよく把握して、体も人生も健やかに過ごせるようにしていけると望ましいでしょう。体の持つ力を信じて大切にしましょう。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう