11月11日はチーズの日!おすすめの食べ方を紹介します - チーズの日 2018年11月11日 -

11月11日はチーズの日です。チーズにはいろいろな種類があって、それぞれに美味しい食べ方が異なります。
ここでは種類ごとにおすすめするチーズの食べ方を紹介します。

-AD-

チーズの種類について

みなさん11月11日のチーズの日にチーズを食べているでしょうか。チーズの日はまだあまり知られていませんが、チーズは多くの人から愛され、日常生活の中でいろいろなチーズを食べている方が多いのです。最近ではチーズの専門店なども出てきて、ますますチーズ人気が加速しています。特にラクレットチーズなどは見た目も美味しそうなことから最近流行しています。ピザやチーズフォンデュなどチーズが好きな方は多いことでしょう。

チーズにはいろいろな種類があって、それぞれ美味しい食べ方が違うということはご存じでしょうか。ここではチーズの種類ごとにおすすめの食べ方を紹介します。ぜひチーズの日におすすめの食べ方で食べてみて下さい。

ハードチーズのおすすめの食べ方

ハードチーズとは硬いチーズのことでチェダーチーズやラクレットチーズなどが分類されます。チェダーチーズは名前を知っている方も多いと思います。

とても溶けやすいチーズなので、パンに乗せてトーストするととても美味しいです。グラタンやオムレツなどに入れても溶けやすので相性抜群です。またラクレットチーズは最近話題となっていますが、お肉や野菜などのグリルにかけるととても美味しいです。野菜の中でもおすすめはじゃがいものグリルです。また、アルプスの少女ハイジに出てくるチーズもラクレットです。とろけるような美味しさのラクレットチーズはすごくチーズを食べている感覚になるのでぜひチーズの日に食べたいものです。

フレッシュチーズのおすすめの食べ方

フレッシュチーズとは、モッツァレラチーズ、クリームチーズ、リコッタチーズなどが分類されます。

モッツァレラチーズにはカプレーゼがおすすめです。チーズとトマトをスライスして交互に並べ、オリーブオイルとバジルをかけて食べるものです。また、モッツァレラチーズを使ったピザであるマルゲリータもとても人気です。クリームチーズはクラッカーに乗せ、更に生ハムやサーモンなどと一緒に食べるとより美味しくなります。リコッタチーズはパンケーキにする食べ方もおすすめです。最近リコッタチーズのパンケーキを出すお店が増えてきていますが、通常のパンケーキよりもふわふわでとろけるような触感になります。ぜひチーズの日のデザートにはリコッタチーズパンケーキを食べてみて下さい。

青カビチーズのおすすめの食べ方

ブルーチーズとして知られている青カビチーズは初めて食べる方は少し抵抗があるかもしれません。しかし一度食べてみると独特の塩加減と、濃厚なチーズがよくマッチし、癖になる味わいです。

ブルーチーズのなかでも代表的なのはゴルゴンゾーラです。ゴルゴンゾーラのチーズはカルボナーラなどのパスタソースにする食べ方がおすすめです。コクがあって程よい塩加減が特徴的な美味しいカルボナーラになります。ブルーチーズだけで食べることに抵抗がある方は、他のチーズとミックスすることもオススメです。ピザのクワトロフォルマッジなど最近よくお店で見かけるものでもブルーチーズを使用していることが多いです。クワトロフォルマッジとは4種類のチーズを使っているので、その1つにブルーチーズを使用してみるのがおすすめです。

チーズの日に美味しい食べ方でチーズを食べましょう

11月11日のチーズの日に食べたいチーズ料理は決まりましたでしょうか。チーズの日にハードチーズ、フレッシュチーズ、青カビチーズなどそれぞれのチーズに合わせて美味しい食べ方で食べてみて下さい。

今紹介したもの以外にもたくさんのチーズの種類があって、たくさんのチーズの食べ方があります。チーズの日に自分の好きなチーズの食べ方を見つけてみるのも楽しいと思います。ぜひ自分の好きな食べ方を見つけて、SNSなどで周りの人へ発信してみて下さい。11月11日のチーズの日に、家族、友人、恋人と美味しいチーズ料理を作って食べて、素敵なチーズの日の思い出を作ってください。そしてあなたからチーズの日をどんどん広めていきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう