ハロウィン(Halloween) 10月31日

ハロウィンの起源や語源、歴史、
またハロウィンに行われる行事などハロウィンに関することを解説。

-AD-

そもそもハロウィンはどんなイベント?

近年日本でも仮装するなどして一部ではとても盛り上がっているハロウィンですが、実際にはどこで始まってどういう意味があるお祭りなのでしょうか?

毎年10月31日に開催されるこのお祭りは英語圏、特にアメリカで最も楽しまれています。具体的に何をするかというと、かぼちゃをくり抜いたジャック・オー・ランタンを飾り、子供たちは魔女やお化けなどの仮装をして「Trick or treat!(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」と言って家々をめぐります。

ハロウィンの語源は11月1日のキリスト教の万聖節「All Hallows」の前夜祭「All Hallows'Eve」からきています。万聖節の前夜祭から発展したイベントですが現在では宗教的意味合いは薄れているようです。

ハロウィンの歴史と起源

ハロウィンはアメリカのイベントという印象を抱きがちですが、その起源はケルトにあります。10月31日は古代ケルト人にとってはその年の終わりを意味していました。日本でいうところの大晦日です。

その日の夜は亡くなった人の魂がこの世に戻ってくるのと一緒に悪霊や魔女も現れる信じられていました。そのため悪霊や魔女に憑かれないよう魔除けの火を焚いたり、仮面を被って過ごしたといわれています。また、この日は秋の収穫祭としての意味合いもありました。

つまりハロウィンの起源は古代ケルト人にとっての収穫祭と悪魔祓いの儀式であり、発祥地はアイルランドやスコットランドだったのです。

そこにキリスト教の万聖節が結びつくことで私たちにも馴染みのあるハロウィンへと変化していったのでした。

ジャック・オー・ランタン

ハロウィンのイベントでおなじみのかぼちゃのランタンなどにも古代ケルトに起源があるといわれています。

かぼちゃをくり抜いたジャック・オー・ランタン。ハロウィンがアメリカで定着する以前はカブで作るのが主流でした。そしてなかなか怖い顔をしています。というのも、悪霊などを驚かせ追い返すためにつくられたランタンですので、怖ければ怖いほどよかったのです。

子供たちが仮装して家々を回りお菓子を集めるこの習慣。色々な説がありますが、これも古代ケルトからきているともいわれます。
彼らは死者と共にやって来た悪い霊が家に入らないよう、家の外に食物とワインを供えたそうです。

今ではイベントとして楽しむハロウィンですが、その起源を頭の片隅においておくと、また違った楽しみ方ができるかもしれません。

アメリカから日本に伝わってきたハロウィン

日本に定着してきたハロウィンは、アメリカから伝ってきたのですが、このハロウィンの由来は、ケルト人です。

ケルト人たちの信仰していたドルイド教では、十月三十一日が、日本で言う今のお正月の日だったのです。この日は、秋の収穫をお祝いする日と、一年の始まりのその日にだけ、死んだ者たちが家に帰って来る日だと信じられていたのです。

けれど、その日は、魔女や、悪霊も家々を訪れると信じられていた為に、自分や、家族、家を守るために魔除けをする必要があったのです。その魔除けが、ハロウィン独特の火を焚いたり、仮装したりすることだったのです。

死者が訪問するのは、日本ではお盆ですが、このお盆も死者のお正月だと言われています。日本でもお盆には、盆踊りに狐のお面をかぶって仮装したり、灯篭をたいたりする地方があります。死者の来る日の行事の繋がりを感じてしまいます。

収穫祭でもあるハロウィン

ハロウィンには、死者や、悪霊の訪問する日と言うだけではなく、新年を祝い、秋の収穫をお祝いする日でもあったのです。

賑やかにお祝いすることで、悪霊を寄せ付けないことにも繋がっていたのです。この行事が、キリスト教のカトリック系に伝来しアメリカに伝わったことで、宗教的な行事が、収穫を祝うお祭りの日で、仮装してみんなで楽しむ方向へと移行してきたのです。

現在では、仮装してお菓子をもらえる日だと子供たちには認識しています。仮装も、多くの方が悪魔や、魔女、お化けのような見た目の恐ろしい格好ばかりではなく、思い思いに可愛らしい着ぐるみを身に着けていたりします。楽しいイベントが大好きな日本人は、このお祭りを受け入れて楽しむ人たちが年々増加しています。日本の子供たちにとっても、ハロウィンは、お菓子をもらえる日として、楽しい日になりました。

ハロウィンには、お化けカボチャ

ハロウィンの行事には、欠かすことのできないジャック・オ-・ラタンをご存知でしょうか?

かぼちゃの中身をくり抜いて、お化けの顔みたいにかぼちゃの表面を作り、中にろうそくの火を灯し出来上がったラタンのことを、ジャック・オ-・ラタンと呼びます。もともとカブで作られていたこのラタンは、アメリカにかぼちゃが多く生産されていたこともありかぼちゃで作られるようになりました。

悪霊退散の効果と、善い霊を引き寄せる効果があるとか、悪霊のさまよう姿を映し出して作られたものであるなどいろいろな説があります。死んでも地獄に連れて行かないと契約していたジャックが亡くなり天国へ行こうとしたら断られてしまい、地獄へは契約通りに行かなくてもよく、結局行き場を失ったジャックのさまよう姿であるとも言われています。

ハロウィンは諸聖人の日の前夜のこと

毎年10月31日になると、日本でもハロウィンの衣装を着て仮装をした人達が街を練り歩いていたりしますが、このハロウィンの語源がどんなものかはあまり多くの人はご存じないのではないでしょうか。

語源はもともとヨーロッパでカトリックの諸聖人の日11月1日の前夜に行われるお祭りのことを指します。日本ではほぼ宗教的な意味合いはあまり関係しておらず、イベントとして楽しんでいる人が多いのですが、諸聖人の日のことを万聖節あるいはハローマスといいます。この日には死者の魂が戻ってくるとされており、いうなれば日本でのお盆に近いものでしょう。

はるか2000年ほど昔、ドゥルイド教で行われていたのがサウィン祭りというもので、やがて侵略してきたカトリックによってそのお祭りは取り入れられるようになり、部分的に変えられ、受け継がれていきました。

ハロウィンと呼ばれるようになった由来

万聖節のことを英語ではAll Hallow Eveといいます。これが訛って省略されて出来たのがハロウィンとなったという説が強いです。

ハローはharrowと書き、神聖なという意味があります。そこに夜という意味があるeveningがくっついて現代のようにハロウィンと呼ばれるようになったという説もあります。ハロウィンにはかぼちゃのおばけのランタンを飾ります。これはジャック・オ・ランタンといって、かぼちゃの形をしたお守りのような役目を持ちます。ハロウィンの夜には霊達が集まってくるのですが、中には悪い霊も近寄ってくることがあるので、このかぼちゃのランタンで追い払います。

しかし、もともとはかぼちゃではなくカブをくり抜いて作られていたのです。ところが、ハロウィンがアメリカに伝わった時、アメリカではカブよりかぼちゃの生産量のほうが多かったため、かぼちゃになったのでした。

子供達の掛け声の意味

ハロウィンには子供達が掛け声を出しながら家々をまわります。

有名な言葉ですが、「トリック・オア・トリート」というものです。意味は「お菓子をくれないとイタズラするよ」です。子供達が家々をまわるようになった由来は中世ヨーロッパで、万聖節のお祭りの後、子供達が残り物の食べ物をもらうためにまわっていたことだといわれています。このことはアメリカのテレビアニメで使われるようになり、ある時、いたずらっこの男の子が「トリック・オア・トリート!」と叫んで驚かせようとしたことから、子供が家々を訪問する時にはこの掛け声をかけるようになったといわれています。

ちなみにアメリカではお菓子をあげないと、子供達によって庭の木にトイレットペーパーを巻かれたり、ドアに卵を投げつけられたりなど軽いイタズラをされてしまいます。

ハロウィンの歴史の始まり

ハロウィンという文化は日本でこそここ最近盛んになった文化ですが、ルーツをたどるとその始まりは古代ケルト人の文化にまで遡ることができます。

古代ケルト人は中部ヨーロッパ地方、現代でいうところのフランス西部あたりを中心にあった文化圏とされており、このケルト人は毎年10月31日ごろを一年の終わりと考え、またこの日は冥界から死者の霊が帰ってきて現世に生きる人を尋ねたり、精霊や魔女といった歓迎するべきではない存在が訪れる日としても扱っていました。

そうした招かれざる客を追い返すために行われていたのが「サムハイン祭」という祭りであり、身を守るために仮面を被りかがり火を焚くといった風習が根付いたと現在では考えられており、これが現在のハロウィンの原型とされています。

サムハイン祭がハロウィンに変わるまで

古代ケルト人のサムハイン祭がハロウィンに変わったきっかけについては時のローマ教皇、グレゴリウス一世によるキリスト教への改宗活動があったというのが定説です。

このキリスト教への改宗が進むにつれて古代ケルト人の伝統的な儀式であったサムハイン祭が形を変えていき、その結果欧米でよく行われているような仮装を楽しみジャック・オー・ランタンでお化けを追い返すハロウィンという文化に変化していったのです。
ちなみにサムハイン祭の文化自体は古代ケルト時代と比べると廃れたものの無くなったわけではなく、今でもヨーロッパの一部地域ではケルト人の文化の一つとして継承され続けています。

ただサムハイン祭については本当にわずかな地域でしか行われていないため、あまり目にする機会は無いでしょう。

現代のようなハロウィンになったのはいつ?

さて、それでは現代のような「多くの人が仮装をして街を歩いて騒ぐ」といったイベントになったのはいつなのかというと、これははっきりとした始まりが記録として残っているわけではありません。

ただ20世紀に入る頃には既に現在のような仮装祭りとしての様相があったともされていますから、少なくとも100年以上は文化として続いているとうかがい知ることはできます。

日本においてハロウィンがイベント化されたのは非常に最近のことで、初めてパレードイベントが催されたのも1983年と30年ほど前のことであり、まだまだ歴史の浅い文化と評するほかありません。

ただしかしながら世界的に見れば歴史が長いことは疑いようのない事実ですし、市場規模についても1000億円超の規模になっていると分析されていますから、今後日本流のハロウィンが広まっていく可能性も十分あるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう