子供が喜ぶハロウィンのお菓子ゲット作戦 - ハロウィン 2018年10月31日 -

-AD-

ハロウィンはお菓子をたくさんゲット

本場のアメリカでは、ハロウィンでは仮装した子供たちが近隣のおうちを廻って、トリックアトリートとドアを叩き飴やチョコをもらうという習慣があります。

近年はそんな子供メインのイベントであるはずのものが、日本では街中で夜遅くまで仮装をして騒ぐ大人が増加傾向にあります。ですので、子供がいる家庭では、ぜひ、仮装も楽しさの一環ですが、お菓子をたくさんゲットできる特別な日として過ごさせてあげると喜ぶかもしれません。いつの時代も、駄菓子というのは安価で人気があるものです。大袋のお菓子や駄菓子などをまとめ買いして、お友達を招待して、どんなお菓子が当たるか楽しみな紐くじや赤白旗揚げゲームをして景品をお菓子にしたりと屋内でも楽しめるゲーム大会なら子供たちも楽しみながらお菓子をゲットできます。

ハロウィンのインテリア

最近の100円ショップは、四季折々でインテリア雑貨やウォールステッカー、オーナメントなど多数に取り揃えられています。

つい、100円だから良いでしょうってたくさん雑貨を購入される方もいらっしゃると思います。また、ハロウィンやクリスマスは特にかぼちゃのおばけや、お菓子やプレゼントを入れるラッピング袋もマチあり、マチなしといった細かいものまで商品が豊富にあります。

また、子供がいる家庭では色画用紙にカボチャやトナカイなどのイラストを描いて、リビングのインテリアとしてたくさん貼るのも、手作り感が満載で素敵でしょう。共働きの家庭が多くなってきていますが、こういった行事は親子のスキンシップが取れる絶好のチャンスですのでぜひ少しでも時間を作って楽しんでほしいものです。

良識の範囲内で楽しみましょう

ニュースでも仮装をして新宿の街が混雑したとか繁華街の様子など取り上げられたり、芸能人のブログでも仮装していたら町を歩いてもバレなかったとSNSでリアルタイムに投稿される方も多くいらっしゃいます。

ここいうぞとばかりコスプレをして、もはやハロウィンのかぼちゃはどこにいったのやらと思ってしまいます。でも普段、控えめな方もみんながやるなら自分もやってみるという仲間の大切さを改めて知ることができる機会でもあるようです。ですでの、ゴミは持ち帰るとか、閑静な住宅街で遅くまで騒がないとか良識のある範囲内で楽しまれることをお勧めします。

お酒の飲み過ぎて絡むことなく、みんな一人一人が周りに気を配ることによって、イベントを楽しく安全に終わらせることが出来ると思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう