今やクリスマスに次ぐ人気イベント・ハロウィン - ハロウィン 2018年10月31日 -

-AD-

ハロウィンは近年で急激にかたちを変えた

ハロウィンは10月31日に行われる祭りの一種であり、以前はどちらかというとマイナーな印象を持たれる日でした。しかし、近年の日本は違います。まだ地方では馴染みが薄いかもしれませんが、都会では仮装した多くの人達で街中が賑わい、この日を楽しんでいます。少し前だととてもあり得ない光景です。

このハロウィンと大きな繋がりを持つのがアメリカであり、日本はアメリカの真似をして騒ぎ始めたということと、東京ディズニーランドがハロウィンイベントを開催したこと、日本にアニメキャラクターのコスプレというような文化が根付いてきたことなどがその原因かもしれません。クリスマスがキリスト教の祭りだというのに対し、ハロウィンはキリスト教の影響を受けていると考えられるものの、キリスト教の祭りというわけではありません。古代ケルト人の伝統的な行事がルーツだと言われています。

ハロウィンの歴史を辿る

起源は古代のケルト人にあると言われています。本来は宗教的要素のとても強い祭りでした。実りある収穫を実現するために、悪霊を追い払おうという行事だったのです。

しかしカボチャをくり抜いて、その中に蝋燭を立てて作るジャック・オー・ランタンをケルト人が使用していたわけではありません。ケルト人は仮面を被り、焚き火を焚いて、悪霊を追い出そうとしていました。ジャック・オー・ランタンのルーツは、アイルランドおよびスコットランドに伝わるものです。これらをモチーフに、後世の人達が色々な解釈を行い、現在に至るわけです。そのため、世界各国の地域によって、ハロウィンに対する捉え方や考え方が微妙に違ったりします。有名な楽しみ方としては、仮装した子供たちが近くの家を周ってお菓子をもらったり、単純に仮装して楽しんだりすることです。日本の場合、間違いなく後者でしょう。

なぜ仮装するのでしょうか

日本が参考にしたと思われるのはアメリカのハロウィンであり、そのアメリカの楽しみ方は「仮装」です。アニメのコスプレのような仮装とは違います。

皆が変装するのは人間にとって恐怖なものというような考えがあります。例えば、お化けとか怪物とか、妖怪の類(魔女とか、ドラキュラとか)、ゾンビなど空想上のものが多いです。ただ、最近では漫画や映画のキャラクターの仮装も行われるようになりました。なぜかお化けたちに混じってスパイダーマンがいるというようなシュールな画が見られたりしており、ハロウィンもどんどんかたちを変えています。

日本で1番人気があり、経済効果のあるイベントと言えば「クリスマス」です。まだ圧倒的な差はありますが、2位に躍り出たのが、この「ハロウィン」だと言われています。まだまだ飽きられるような雰囲気はなく、しばらくは益々の発展・進化を遂げることでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう