ハロウィンの起源や仮装の意味について - ハロウィン 2017年10月31日 -

-AD-

ハロウィンの歴史や仮装の意味

ハロウィンはスコットランドやアイルランドに住んでいた古代民族のケルト人がルーツとされています。古代ケルトでは一年の終わりは10月31日としていて、この日に死者の霊が家族に会いに来ると信じられていたのです。さらに有害な魔女や悪霊も一緒にやって来ると信じられていて、子どもたちに仮装をさせることで霊を追い払ったり、焚き火をして魔除けをしています。

このように10月31日になると仮装をして悪霊退散が行われるようになり、ハロウィンが誕生したのです。

そしてケルト人が住んでいた地域にローマが侵攻してきたことでキリスト教が浸透し、ケルト人にもキリスト教の教えが広がります。元々あった悪霊退散の行事とキリスト教の習慣が交わることで、現在のハロウィンのかたちになったのです。

掛け声とカボチャの意味

ハロウィンの合言葉は子どもたちが使う掛け声で、お菓子をくれないとイタズラをするという意味です。

これはアメリカで生まれた習慣で、起源やその歴史はいまだに不明です。ですが悪霊が家に入って来ないように、玄関先でお菓子をあげて追い払うという意味があります。ハロウィンでカボチャを使うのはカボチャにお守りの意味があり、悪霊から自分たちを守るために飾っています。カボチャに穴を開けてロウソクの火を灯すのは、家族の霊に目印として居場所を知らせるためです。ハロウィンでは元々かぶを使って悪霊を追い払っていましたが、アメリカではカボチャの方が手に入りやすかったのでカボチャを使うようになったのです。ケルト人が住んでいたスコットランドでは、今でもかぶを使っています。

日本のハロウィンの歴史とは

長い歴史の中で英語圏の国々にハロウィンの文化が広まり、現在の日本にもこのイベントが浸透しています。キリスト教の宗教的な要素はほとんどなく、一つのお祭りとして親しまれています。

1970年代に原宿のお店に関連グッズが並べられ、1980年代に販売促進のためのイベントとしてパレードが行われたのが日本での歴史の始まりです。当時はあまり浸透することもなく、商品を売るための企業戦略の一環だったのです。本格的に日本浸透したのは、1990年代です。秋の目玉のイベントとして有名テーマパークでハロウィンが開催され、爆発的な人気を集めます。パレードを取り入れるなどして、大きな話題になります。また近年ではSNS で個人がイベントを発信し、更なる盛り上がりを見せています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう