ハロウィンとは子供が楽しむイベント - ハロウィン 2017年10月31日 -

-AD-

万聖節の前夜祭にあたるもの

現在、日本で高い盛り上がりを見せているイベントが、ハロウィンです。日本では仮装を楽しむ日というイメージになっているイベントですが、元々は11月1日の万聖節の前の日、10月31日に行う前夜祭の事です。

万聖節とはキリスト教であらゆる成人を記念する日で、その万聖節を迎える前日に、秋の収穫を祝う事、そして悪霊を追い出す為に行われます。

ハロウィンといえば、カボチャで作られたランタンが有名ですが、このカボチャで作られたランタンも、ただの飾りとして使われているのではなく、海外では魔除けの意味合いを込めて戸口に飾られています。10月31日というのは万聖節の前日というだけでなく、日本でいう大晦日にあたる日で、亡くなった人の魂が帰ってくる日ともされています。

この日に盛り上がるのは

海外でハロウィンといえば、子供が盛り上がる日です。

この日、子供は仮装をして、近所の家を「トリック・オア・トリート」と言って訪ね歩いていきます。お菓子をくれなきゃ悪戯をするという意味で、実際にお菓子を貰えなければ、様々ないたずらが行われます。この時、子供が仮装をするのは、この日は街中に悪魔やお化け、霊等が多くいるとされる為です。お化けの格好をしていると、悪魔に仲間として見られるようになり、襲われないと考えられており、魔除けの為に子供は様々な仮装をして、街を歩いていく事になります。このお菓子を貰えなければ悪戯をして歩くという行事は、元々、ハロウィンの日に地上に戻ってきた霊が様々な家を訪ね歩き、食べ物を貰えなければ、悪戯をしていた事が原型とされています。

日本独特のイベントへ

ハロウィンというのは、海外では長く行われているお祭りのひとつでした。日本でも、10月31日にはカボチャを飾って楽しむ人もいましがた、急激な盛り上がりを見せたのは、最近の話です。本来は、子供が仮装をしてお菓子を貰う事等がメインとなるイベントですが、日本では大人が仮装を楽しむ為のイベントへと進化しています。ですから、本来のお祭りとは全く異なるイベントとなっていますが、現在は、その盛り上がり方に海外の人も注目をしています。

特に大人が街中で仮装をして盛り上がるという状態に興味を持つ人は多く、この日にはあえて日本に仮装を楽しみに来るという人もいます。ハロウィンというのは、元々は万聖節の前夜祭や収穫祭の意味合い持つお祭りで、子供が盛り上がるものでしたが、日本では大人が盛り上がるお祭りへと進化しています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう