ハロウィン - ハロウィン 2018年10月31日 -

-AD-

ハロウィンとは

ハロウィンは英語でHALLOWEENと表記しますが、これはカトリック教における11月1日のALL HALLOWS(諸聖人の日)の前日に当たる日ということで、HALLOWS EVEがなまってHALLOWEEN(ハロウィン)と呼ばれるようになったといわれています。諸聖人の日は日本でいうお盆のような日で、ご先祖様の霊が戻ってくると考えられています。海外でもこの日は、お墓参りをしたり祈りをささげたりする習慣があります。

ハロウィンはもともとは古代ケルト人が10月31日に行っていた秋の収穫祭を起源とするお祭りです。またケルト人にとって10月31日は1年の終わりであり、この日は先祖の霊や悪霊がやってくると信じられていました。そこでこれを追い払う宗教的な意味合いの儀式が行われました。この時に行うお化けの仮装は、悪霊に仲間だと思わせ、襲われたり魂を取られたりすることのないようにする魔除けの意味合いがあります。のちにカトリック系の民族がケルト民族を侵略した際に、このお祭りもキリスト教に取り入れられていきました。

ハロウィンはそもそも日本のお祝いではありませんが、20年ほど前にディズニーランドではじめて取り入れられたころからだんだんと盛んになってきたようです。ここ数年は年を追うごとにヒートアップしています。またその背景にはグローバル化が進んできて、英語力を重視する世の中の流れにより、子供の英語教育が盛んになり、学習の一環として外国の文化を取り入れた結果、クリスマスに並ぶ大きなイベントとしてハロウィンが定着してきたと考えられます。

ハロウィンでは世界各地で、ゾンビの仮装をして通りを練り歩くゾンビウォークと呼ばれるイベントが行われますが、最近は日本でもこのゾンビウォークに似た仮装イベントが大流行です。特に東京などでは多くの若者や家族連れが、お化けやモンスターのみならず、最近話題のアニメや芸能人の仮装をして集まるハロウィンイベントが、年を追うごとに大規模化しています。名目はハロウィンですが、どちらかというとコスプレに近いようなイベントになっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう