ヘルシーなおすすめのハンバーガーとは - ハンバーガーの日 2018年7月20日 -

ここ数年、黒船バーガーと呼ばれる海外発のハンバーガー店が続々と上陸しており、その見た目のインパクトやヘルシー志向なメニューも多いことから口コミでおすすめと話題になっています。

-AD-

ハンバーガーはヘルシーフード

ハンバーガーというとジャンクフードというイメージがあり、たまに食べるのであれば良いですが、しょっちゅう食べていると体にはあまり良くはないというイメージがある方も多いのではないでしょうか。実際にチェーン店のファストフードなどではハンバーガーはいかにもジャンクフードといった感じのものもあります。しかし最近のハンバーガーは海外のお店が日本に進出してきていることもあり、かなりヘルシー志向のものになってきています。ですから、一口にハンバーガーといっても栄養バランス的にはまるで日本の定食を食べているのと同じような感覚のものがたくさん出てきているのです。そんな海外から入ってきたヘルシーなハンバーガーを黒船バーガーと呼びます。

超ヘルシーなアボカドバーガー

三軒茶屋にある「ハラカラ」のハンバーガーはケチャップやソースなどは一切使われておらず、味付けはブラックペッパーと土佐の天日塩のみというシンプルなものです。店主が考えたヘルシー志向のハンバーガーは脱ジャンクフードを目指したメニューばかりです。その中でも特におすすめなのが1週間熟成させたアボカドとパティ、そしてレタスのみというシンプルながらもクリーミーな味わいを感じることができるアボカドバーガーです。何度食べても飽きがこないといわれるほどおすすめされている人気のハンバーガーとなっています。三軒茶屋駅から徒歩3分程度という近さも便利なお店です。店内もリラックスできる落ち着いたアットホームな雰囲気です。

優しい味のテリヤキユズコショウバーガー

素材にこだわった温かい手作りのオリジナルハンバーガーやサンドイッチなどを味わうことができる「プレイス・イン・ザ・サン」のおすすめのヘルシーなハンバーガーはテリヤキユズコショウバーガーです。和風テイストで、新鮮な野菜、国産牛に炒めた玉ねぎを加えたパティのヘルシーなバーガーは優しい味がして心がホッとするようだということでおすすめされている人気バーガーとなっています。また店内も木製のテーブルやイスを使っており、モダンで落ち着いた雰囲気があります。そして天井までの高さもかなりあるので広々としたすごしやすい店内となっているので、ヘルシーなバーガーとのバランスもぴったりとなっています。

見た目も個性的なシュプリーム

農薬をできるだけ使わない食材のみを使っていることにこだわっているのがアメリカ発のベアバーガーです。バンズは保存料が不使用のものですし、パテに使っているのはオーガニックミートです。また野菜も旬のオーガニック野菜を取り入れています。ベアバーガーの看板メニューといえば大きなオニオンリングが上のバンズの上にのせられているシュプリームです。見た目のインパクトも抜群なおすすめハンバーガーです。ヘルシー志向の女性達の間でも話題になり、おすすめメニューとして人気となっています。店内もテラス席、テーブル席、カウンター席と3種類のタイプを用意してありますし、木製のテーブルやイスを使っていることからぬくもりを感じることもできます。

黒船バーガーの魅力とは

海外からやってきた黒船のように、海外発のおすすめのハンバーガー店がとても増えてきています。黒船バーガーがおすすめされる理由はなんといってもヘルシーな素材を使っているということはもちろん、その強烈な個性です。見た目もボリュームがあり、ハンバーガー1つ食べるだけでもおなかがいっぱいになることが多いです。また大きさも日本では考えられないほど大きなサイズのものもあり、話題性も抜群です。もちろん味も海外のグルメをうならせるような味にこだわっているため、おすすめのバーガーとして人気が出ているのです。ハンバーガーがジャンクフードで不健康であるというイメージはもはや古くなっており、今後もおすすめされるハンバーガー店が続々上陸してくることもあるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう