日本で食べられるおすすめのハンバーガー - ハンバーガーの日 2018年7月20日 -

日本でも美味しいハンバーガーが食べられるお店を紹介します。厳選したオススメのお店を5つ紹介しますので、ぜひ一度食べてみてください。バンズに挟まれた肉汁溢れるパティがたまらないプレミアムハンバーガーばかりをおすすめとして紹介していきます。

-AD-

秋葉原にある Carl's jr.

アメリカのカリフォルニア生まれのプレミアムバーガーで有名なのが「Carl's jr.(カールスジュニア)」です。最近日本に再上陸したプレミアムバーガーショップです。パティはアンガス牛100%となっており、肉汁溢れるハンバーガーを楽しむことができます。日本のものより本格的なハンバーガーを楽しみたい方におすすめです。ハンバーガーの大きさが最大の特徴です。アメリカ国内ではかなり有名で、日本でも徐々に人気が広がっています。ハンバーガーの本場アメリカで人気の味を日本でも楽しむことができるのでおすすめです。レタス、チーズ、トマトなど、様々なメニューがあることも魅力の一つです。マッシュルームなどあまり日本ではメジャーでないものもあるので、t校別な日にこそ食べにいきたいプレミアムなハンバーガショップです。

港区芝にある マンチズバーガーシャック

港区芝にある「マンチズバーガーシャック」は、移動販売からそのキャリアが始まったことで有名なお店です。毎日ブロックから包丁で切り出した肉を、挽かずに刻みながら繊維を潰すように作られるパティは、アメリカ産ビーフ100%でつなぎは一切含まれていません。肉のうまさを最高に楽しむことができるハンバーガーをうりにしています。指定のメーカー、指定工場で品質の高いアメリカ産牛肉を使用しているので、安心して食べることができるのも嬉しいポイントです。お店の店員さんの行き届いた接客サービスも非常に高いことでも有名です。ケチャップの補充からお客さんの見送りまで行き届いたサービスを展開しているハンバーガーショップです。

恵比寿にある Blacows

恵比寿にある「Blacows(ブラッカウズ)」は、「ミート矢澤」で有名な矢澤ミートが手がけている黒毛和牛のハンバーガーが売りのハンバーガーショップです。日本で生まれたハンバーガーを楽しみたい方におすすめです。温度管理された店内の専用スペースで黒毛和牛100%のパティを作っています。さらに、使われているバンズも日本のパン屋の第一線で活躍する「メゾンカイザー」とコラボレーションして生まれたオリジナルのバンズを使用しています。「なでしこポーク」のベーコンなど、副材料も充実しています。メニューも豊富で様々なハンバーガーを楽しみたい方におすすめのハンバーガーショップです。「Blacows(ブラッカウズ)」のハンバーガーは、一つ一つの素材を厳選して作られている日本のプレミアムハンバーガーです。

文京区本郷にある Fire house

文京区本郷にある「Fire house」は、1996年開店以来行列の絶えない人気店です。開店前から行列ができる日本のハンバーガーの聖地といっても良いでしょう。子供連れの家族も多いので地域にも愛されたハンバーガーショップです。アメリカンスタイルの店内で、種類豊富なハンバーガーを楽しむことができます。アップルバーガーなどの珍しいメニューもあります。おすすめのハンバーガーは「ベーコンチーズバーガー」です。バンズの上でとろとろにとろけるチェダーチーズがたまらなく美味しいハンバーガーです。日本のハンバーガー市場を切り開いてきたハンバーガーショップですので、誰もが一度は訪れておきたいおすすめのハンバーガーショップといえます。

品川区東五反田にある Franklin Ave.

品川区東五反田にある「Franklin Ave.(フランクリン・アベニュー)」は、プレミアムバーガーの草分け的存在のお店です。日本でハンバーガーを食べるなこのお店がおすすめと言えるほど、人気のお店です。ハンバーガーであるにもかかわらず、フォークとナイフで食べるというユニークなスタイルをとっています。おすすめのメニューは、間違いなく「マッシュルームチーズバーガー」です。マッシュルーム好きには特におすすめのプレミアムバーガーです。お店のメニューも非常に豊富で、全てのパテを112g、149g、225gの中から選択することができるので、お子様や女性にも食べやすいサイズを選ぶことができおすすめです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう