バレンタインデー(Valentine's Day) 2月14日

バレンタインデーの起源や語源、歴史、
またチョコレートについてなどバレンタインデーに関することを解説。

-AD-

本来のバレンタインの起源

この起源は、遥か昔のローマ帝国の時代にまで遡ります。バレンタインデーとは、269年にローマ皇帝の迫害によって殉職したヴァレンティヌスに由来する記念日です。

当時のローマで2月15日は、ルペルカリア祭という豊作を祈願する祭日でした。その前日の14日に、祭りの間の男女のパートナーを決める習わしがありました。そして、その習わしで結ばれたパートナー同士がそのまま結婚するというのが一般的だったのです。

しかし、当時のローマでは戦いでの士気が下がるという理由から、若い兵士の結婚は認められておらず、当然にこの習わしでのパートナーとの結婚は認められていませんでした。その時に、密かにかくまって結婚させていたのがヴァレンティヌスでした。彼はこのことが原因で処刑され、その処刑された日を恋人たちの日としたのが起源です。

日本でのバレンタイン

本来のバレンタインの起源はしっかりとした歴史がありますが、日本のバレンタインは一言でいうと、製菓会社の経営戦略の一部です。

日本にバレンタインデーが伝わったのは20世紀です。今でこそ2月14日は女性が好意を抱いている男性に対して、チョコレートを贈るということが当たり前になっていますが、普及した当時の日本においてチョコレートは非常に高額であったため、なかなか一般市民には広がりませんでした。そこで、なんとかチョコレートを売りたい製菓会社が、チョコレート販売戦略の一環として、古代ローマでのセント・バレンタインデーの起源にあやかって、2月14日は女性が好きな男性にチョコレートを贈る日とすると言い出したところ、それが徐々に定着していき、現在のバレンタインデーになりました。

現在の世界各国のバレンタイン

本来の古代ローマに由来する起源は、しっかりとした歴史に基づいていました。

しかし、日本のように、女性が好意を抱いている男性に対してチョコレートを贈るという、本来から逸れて、独自のバレンタインデーを形成している国も存在します。アメリカでは、普段お世話になっている者同士が、カードや花などを贈りあいます。イギリスでは、男性が女性にカードや花やお菓子などを贈ります。首都ローマを持つイタリアでは、男性から女性に贈ることも、女性から男性に贈ることもあります。

贈るものは花や、アクセサリーなどですが、本来の起源に由来し、この日に婚約をすることが良いとされています。ヨーロッパでは日本のようにチョコレートを贈るという習慣はありませんが、同じアジアの韓国では、日本と同様に女性が男性にチョコレートを贈ります。

バレンタインの由来について

世界でも有名なイベントですが、発祥はローマ帝国からだといわれています。

ローマ帝国皇帝クラウディウス2世は当時兵士たちの結婚を士気が下がるという理由から禁止していました。しかしキリスト教司祭だったバレンタイン氏が秘密裏に兵士に結婚をさせており、捕らえられて処刑されたという説が一般的です。

処刑の日は2月14日でローマでは女神ユノの祝日でもありました。ユノは女性で家庭と結婚の神様だとされ、2月15日は豊穣を祈願するルペルカリア祭が毎年行われていました。バレンタインはそのユノのお祭りの生贄として捧げられたと言います。これによりキリスト教徒にとっても祭日となり、恋人たちの日になったとされています。このルペルカリア祭に代わり、2月14日はバレンタインの日となりました。

海外のバレンタイン事情

日本では女性が男性にチョコレートをあげるのが一般的ですが、国によってその風習や習慣は異なるります。

西欧や米国では必ずしも女性が男性にチョコをあげるというわけではありません。また、チョコでなくてもいいとされています。お世話になった人や親しい人、恋人など、男性も女性も双方にカードやお花などの贈り物をするのが一般的で、チョコレートを贈ることもありますが義理チョコはないとされています。

バレンタイン発祥の地、イタリアでは男性が女性に赤いバラを贈るといった習慣が現在ではあるとされています。また、米国では男性が女性にプレゼントを贈る傾向が強いと言われています。いずれにしても、カップル、親子、親しい人たちへの愛を確かめる日であることには変わりがありません。

日本のバレンタイン事情

日本では1936年にモロゾフの洋菓子店がバレンタインの広告を出しました。その後デパートが恋人に贈り物をする日と宣伝していましたが定着はしなかったと言われています。

そして戦後、ヨーロッパの知人から話を聞いたメリーチョコレートの営業主任がキャンペーン活動を行いました。そのため、バレンタインは1958年に再出発を果たします。そして各会社やデパートが加わりましたが、定着したのは70年代後半ころだと言われています。このころには小学生から高校生、主婦層にまで広がり、女性が男性にチョコレートを贈るという日本独自の戦略と展開で現在にまで続いています。今でこそ盛んなイベントになっていますが、日本でバレンタインが普及するまでは長い年月がかかったと言われています。

バレンタインの語源を辿る

実はバレンタインの語源というのは明らかになっていません。一般的な説として有名であるのが、3世紀頃のローマで処刑されてしまったバレンタイン司祭(キリスト教)に由来するというものです。

当時のローマでは兵士の戦闘能力低下を懸念し、兵士の結婚を許していませんでした。これを不憫におもった司祭が秘かに兵士たちの結婚式に手をかしていました。これが皇帝の知るところとなり、逆鱗に触れ、キリスト教へのネガティブな思いも手伝って、バレンタイン司祭は処刑されてしまいます。それ以降、キリスト教信者は結婚式に協力的であった司祭の命日を恋人たちが贈り物をし合うという記念日として定着していきました。

その他に、イタリアのテルニでも同名の司祭が存在しており、こちらの方が起源だという説もあります。

日本独特のバレンタイン

前述のとおり、一般的な説で言えば、バレンタイン司祭に想いを馳せて「恋人たちが贈り物をし合うという」という日で定着していったわけですから、西洋では、男性から、女性から、ということではなく、男女双方が想いをよせる人にギフトやカードなどを送る日となっています。

ただ、どちらかと言えば、男性から贈り物をすることが多いでしょうか。ところが日本の場合は違います。女性から気になる男性や恋人にチョコレートを渡す日として知られています。どうして日本でそのような文化ができたかというと諸説ありますが、まとめるとバレインタインという日が日本国民に知られるようになったのは戦後であり、デパートやチョコレート会社の売上アップのためのプロモーション活動によって広まったと言えます。

バレンタインはチョコレート会社の宣伝?

バレンタインという記念日を知る海外の人たちが日本にそれを紹介し、デパートやチョコレート会社が自分たちの商品を売るために「チョコレートを贈る日としてメディアで紹介しよう」というプロモーション活動を行いました。

当時、デパートという場所は女性が多く集まる場所であり、男尊女卑の考えが根強く残る日本でもあったので、女性がイニシアティブをとるべきだという流れになったとされています。また、チョコレートと関係のないような世界的AV機器メーカーであるSONYの盛田昭夫・創業者が「バレンタインにチョコレートを贈る風習はうちが作った」とも語っており、真実ははっきりとしていません。

ただ、最近になって日本でも必ずしも女性から男性に贈り物をするということではなく、男性から女性に渡したり、女性が同姓の友達に渡したり、色々とかたちは変わってきています。

バレンタインデーの始まり

海外でのバレンタインの歴史は、3世紀のローマ帝国から始まっています。

当時のローマ帝国ではクラウディウス2世が皇帝で、兵士の士気を低下させないために結婚を禁止していたのです。それを可哀想と感じた聖職者のウァレンティヌスは、秘密裏に若者たちを結婚させていたという歴史があります。しかしその行為を皇帝が知ることになり、改宗を求めるようになります。それに反発したウァレンティヌスは、処刑されることになってしまいます。処刑される日は、ローマの豊穣祈願のお祭りであるルペルカリア祭の前日が選ばれます。この日にしたということは、ウァレンティヌスをお祭りの生け贄にするという意味があったという歴史があります。彼が亡くなった日はキリスト教徒の祝日になり、後にバレンタインデーとして世界中に広まります。

日本のバレンタインの歴史

日本のバレンタインデーは、初めからチョコレートが関係しています。キリスト教徒が少ない日本でバレンタインデーが広まったのは、老舗洋菓子店であるモロゾフが2月14日にチョコレートを好きな相手に贈ることを提唱したからです。

このキャンペーンは昭和11年に始まり、日本独自の文化です。本格的に日本中に広がったのは戦後のことで、様々なチョコレート会社や洋菓子関連の会社がキャンペーンをしたことで定着したのです。昭和30年代まではそれほど日本に定着しなかったのですが、昭和40年代になると学生を中心にチョコレートを贈ることが習慣になります。

ちなみに欧米諸国ではバレンタインデーにチョコレートを贈る習慣はなく、贈り物のメインでもないのです。現在では本命チョコだけでなく、義理チョコや友達同士で贈り合う友チョコという文化も生まれています。

外国の様々な文化について

ヨーロッパの国の多くは、バレンタインデーに家族や友人、恋人にガードや花束を贈ります。その中でもイギリスでは男性から女性に花束を贈る習慣があり、花束にガードを添えてプレゼントをしています。求愛のイベントのイメージが強く、男性は女性にデートを計画します。ロマンチックなデートプランを考えて、女性を喜ばせる文化があります。デートスポットで花束を贈り、初めて出会ったころを思い出すイベントになっています。アメリカでも花束を贈るのが主流で、チョコレートではなく花でなくてはいけないという文化です。花束は相手の女性の職場に届けられ、花の種類は女性が好きな花を贈ります。

隣の国である韓国には日本と同じように、バレンタインデーもホワイトデーもあります。4月14日にはブラックデーがあり、女性に縁がない男性が黒い服を着てジャージャー麺を食べるという文化があります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう