1人バレンタインに映画と手作りお菓子はいかが? - バレンタインデー 2018年2月14日 -

-AD-

1人だってバレンタインは楽しめる!

2月14日はバレンタインデー。手作りチョコレートで愛の告白をする人もいれば、友達や会社の同僚にお店で選んだチョコレートやお菓子をプレゼントしたり、なんだかちょっぴりウキウキする日でもあります。

でも実際のところ、愛の告白をする相手がいなかったり、今年もまたこの日が来たかー、なんて思いながらいたしかたなくチョコレートを買いに行く人もいるんじゃないでしょうか?

百貨店やチョコレートの専門店だけではなく、今ではコンビニにもバレンタインデーの特設コーナーが設けられているほど。ここはひとつ頭を切り替え、バレンタインデーであるということをいいことに、1日を贅沢に過ごしてみませんか?甘くておいしい手作りお菓子と一緒に素敵な映画を見ながら、優雅にひとりの時間を満喫するなんていかがでしょう?

ボールを抱えて?!海外女子になりきろう♡

バレンタインデーといえばやっぱりチョコレート。甘くてうっとり、まさに魅惑のお菓子ですよね。そんなチョコレートを使って映画にぴったりのあのお菓子をアレンジした、手作りスイーツをご紹介します。

映画を見ながら食べると言ったら、そうです。ポップコーンです。よく海外ドラマなどのワンシーンで、ボールに入ったポップコーンを抱えてベットに寄りかかりながらテレビや映画を見ている、なんて場面見かけますよね。実際するとなるとなんだかちょっと背徳感を感じそうですが、とっても魅惑的に見えるのもまた事実。なかなか試してみる機会もないので、ここはバレンタインデーを言い訳にやってしまいましょう。

作り方も簡単、映画を見ながら手が止まらなくなってしまうようなお菓子を作りましょう。

バレンタインを甘くしょっぱく楽しもう♡

用意するのは袋入りの塩味付きポップコーンでも、ポップコーン用コーンでも構いません。ポップコーン用コーンを使う場合は60~80g。それにビターチョコ150g、はちみつ大匙1~2杯、バター大匙2杯、塩を少々です。

まずコーンをフライパンでゆらしながら焦げないようポップコーンを作ります。出来上がったらバットに広げます。小鍋を弱火にかけバターを溶かし、はちみつ、チョコレートの順に溶かし混ぜ合わせます。粗熱がとれたらポップコーンに回しかけ、かけたところに塩をまぶします。粗塩を使うとパンチが効いておすすめです。塩味つきの袋のポップコーンの場合は使わなくてOKです。あとはチョコレートが固まるのを待ってボールに移し、抱えてベットに向かうだけ。

バレンタインデーを理由に、あなたもお気に入りの映画を見ながら海外女子になりきって一人で贅沢な時間を味わうのはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう