バレンタインデーのデートを年代別でご紹介 - バレンタインデー 2018年2月14日 -

-AD-

バレンタインデート10代(中高生)編

バレンタインデーは、女性から男性に向けてチョコレートを贈ると共に気持ちを贈る日でもあります。

ただ、それがデートというシチュエーションなのであれば、男性がセッティングしなくてはならないことも多いです。

10代の中高生たちの青春デートといえば、『定番スポット』がいいです。

ほとんどの女子中高生は、ファッションやグルメ雑誌を見ながら異性とのデートを想像するものです。その場所として選ばれるのは、例えばディズニーランドや東京スカイツリーなど定番スポットです。友達にも自慢しやすく、何より単純に『行ってみたかった』という願望を持っているからです。

ストレートで勝負できるのは、若い内だけです。まずはシンプルに女性が喜びそうな定番スポットをいくつかピックアップして選んでもらいましょう。

バレンタインデート20代編

20代では、大学生か社会人かで異なります。

大学生であれば、少しの背伸びをしてもいいです。アルバイトで貯めたお金を思いきって、というのも有りです。むしろバレンタインデーをしっかり大切にしてくれているという想いが女性に伝わります。例えばレンタカーを使って少し遠出をしてみたり思いきって1泊してみたりというのもよいです。

社会人であれば、こちらも少し背伸びした感じの出る『おしゃれなディナー』がおすすめです。スーツという武装をしているので、初々しくても大人デートを演出できます。相手の女性も社会人であるケースが多いと思いますので、その高級感や大人っぽさがすごく伝わります。デザートをチョコレートメインにして『逆チョコ』というサプライズを演出すれば文句なしです。

バレンタインデート30代編

30代ともなると、少なからずこなれた感じが必要です。

10代20代と色々な男性と様々なデートを経験している女性にとっては、何かしらの工夫がなければ『普通』というレッテルを貼られてしまうからです。

お店選びでいえば、ディナー後は銀座や六本木のバーで個室をチョイスして大人の雰囲気を演出しましょう。もしバーに行くことに慣れていないのであれば、事前に下見に行くことをおすすめします。

プレゼント選びも重要です。あくまでバレンタインなので男性は贈られる側ですが、大人の男性はそのようなことを気にせず、女性には常に尽くすことを忘れてはいけません。例えば、ブランドものの香水やバスオイル等の消耗品がおすすめです。消耗品でなくとも構いませんが、後に残るものだと少し『重たい』感じがするからです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう