ホットチョコレートで朝バレンタインはいかが? - バレンタインデー 2018年2月14日 -

-AD-

朝活ならぬ朝バレンタインで甘いひと時を♡

バレンタインデーといえば、やっぱりチョコレート。デパ地下にはチョコレートの特別コーナーが設けられるほど、なんだか毎年このシーズンはどこもかしこも浮足立っていますよね。でも好きな人や家族、友達や職場の人へのチョコをプレゼントするために、手作りチョコの準備に追われる人や、どれを買えばいいのか迷ってしまってなかなか決められずに困ってしまう人、義理チョコばっかりの交換会で嫌になってしまうなんて人も少なくないはず。

甘い1日であるべきバレンタインデーですが、むしろこの時期になるとちょっと憂鬱だななんていう人もいるかもしれません。でもせっかく1年に1度のバレンタインデー、ちょっぴり甘く素敵なひと時を朝活ならぬ朝バレンタインデーで満喫してみてはいかがでしょうか?

ホットチョコレートでほっとひと息

少しだけ早起きしたら、手づくりホットドリンクで優雅な朝バレンタインを楽しむのはどうでしょう?

使うのはチョコレート、はちみつ、牛乳、ココアパウダー、生クリームです。チョコは市販の板チョコだって良ければ、自分のために用意した特別なものでも構いませんが、カカオの風味を贅沢に感じられるビターなものがおすすめです。お好みではちみつで甘味をつければリッチで濃く深いチョコレートドリンクが出来上がります。まず、小鍋にコップ1杯分の牛乳を入れ人肌程度に温まったらチョコレート、ココアパウダー、はちみつを入れ溶かし、鍋のふちが少しふつふつしてきたら火を止め、生クリームを大さじ1加えます。お好みで余った生クリームをホイップし、上にたっぷり添えたら贅沢なホットチョコレートの完成です。

もっと贅沢な朝には手作りパンオショコラ

せっかく早起きしてバレンタインデーを満喫する気になったなら、ホットチョコドリンクだけじゃもの足りない。そんな人は、市販のパイ生地で作るパンオショコラを焼いてみるのも良いかもしれません。

市販のパイ生地にチョコをくるくるっと包み、卵黄を塗って180~190度のオーブンで20分ほど焼けば出来上がります。シンプルだけど焼きたてはサクサクで贅沢な朝になること間違いなしの一品です。早起きに自信がないけど食べたいという人も、前日にパイ生地にチョコを巻いておけば、朝、卵黄を塗って焼くだけで済み簡単です。焼いている間に朝の支度をして、あとはゆっくりパンオショコラを食べつつホットチョコレートを楽しむだけの朝なんて、とっても贅沢で素敵な気がしませんか?

甘いひと時を過ごせる朝バレンタイン、ぜひあなたも試してみてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう