バレンタイン手作りチョコレートの定番レシピ - バレンタインデー 2018年2月14日 -

-AD-

バレンタインの定番生チョコレートレシピ

バレンタインデーの手作りチョコレートの定番である生チョコレートは作り方が簡単でお菓子作り初心者でも簡単に作る事ができます。

材料にはスーパーやコンビニで売っている一般的な板チョコレート5枚、生クリーム100cc、ココアパウダー適量を用意します。また道具は計量カップ、包丁、まな板、ボウル、ゴムベラ、バット、オーブンシート、泡立て器、鍋、茶こしを用意します。まずバットにあらかじめオーブンシートを敷きます。チョコレートは刻んでおき、ボウルに入れておきます。生クリームを鍋に入れ中火にかけ沸騰寸前まで温めた後、刻んだチョコレートの入ったボウルに流し込み、湯気が収まるのを待ちます。

この後泡立て器で完全に混ぜきった後バットに流し込み冷蔵庫で一時間程冷やし固めます。固まったら取り出して適当な大きさにきり、ココアパウダーをまぶして完成です。

バレンタインの贈り物で人気のトリュフ

生チョコレートと並んでトリュフもバレンタインの贈り物として人気があります。

材料にはスーパーなどで売られている板チョコレート5枚、生クリーム70cc、ココアパウダー適量を用意します。道具には計量カップ、包丁、まな板、ボウル、ゴムベラ、バット、オーブンシート、泡立て器、鍋、ティースプーンを用意します。作り方はまずチョコレート3枚を刻みボウルに入れておき、生クリームは鍋にいれ中火で温め沸騰直前に火を止めて刻んだチョコレートが入っているボウルに一気に入れ、完全に混ざり合うまで混ぜます。この後混ぜた時にもったりとするまで涼しい場所で冷やします。まな板にオーブンシートを敷いておき、ティースプーンでガナッシュをすくいその上に並べ30分程冷蔵庫で冷やします。この後手でガナッシュを丸め湯煎で溶かした残りのチョコレートでコーティングし、最後にココアパウダーをまぶします。

シンプルなハート形チョコレート

現在ではトリュフや生チョコレートがバレンタインの定番ですが、昔ながらの手作りチョコとして親しまれているものはハート形チョコレートです。

材料には市販の板チョコレートのみを適量用意します。道具は包丁、まな板、ボウル、ゴムベラ、製菓用温度計、ハートのチョコレート型、オーブンシートを用意します。チョコレートは細かく刻みボウルに入れ50℃から55℃のお湯に湯煎にかけて溶かします。次にオーブンシートでコルネを作り溶かしたチョコレートをその中に入れ、型に流し込みます。これを30分以上冷蔵庫で冷やし固めた後、型からチョコレートを抜けば完成です。ハート形チョコレートはレシピそのものはシンプルですが、湯煎の温度が高すぎるとチョコレートがぼろぼろに固くなってしまう事があるため繊細さが要求されます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう