ヒーリングの意味や種類、心身への効果とは - 2019年6月1日 -

ヒーリングは癒しという意味で、心と体の両方をケアする効果があります。
その種類は音楽を使った方法やアロマセラピー、マッサージなどいくつかあるため、相性がいいものを選びましょう。

-AD-

ヒーリングの意味について

心の疲れやストレスを癒すにはヒーリングが効果的だとよく言われるものの、具体的にどういったものなのかよく分かっていない方も多いでしょう。ヒーリングとは日本語で表すと癒しや治療の意味であり、心身を不調から回復させて健全な状態へ導くための手法です。

特殊な道具やスキルを必要とするタイプもありますが、ヒーリングの種類は幅広いため初心者でも気軽に始められるものも少なくありません。また相性によって効果にも差があるので、難しく考えず色々とチャレンジしてみることで自分に合ったものを活用できるようになります。やり方を覚えれば自分自身だけではなく友人や家族をはじめとした周囲の人々を癒すのにも役立つでしょう。

音楽でリフレッシュする方法

落ち込んでいるときに好きなアーティストの曲を聴いていると元気が出たという経験は誰でも一度はするものです。これは決して気のせいではなく、ヒーリングの種類の中でいうならば音楽療法に当てはまります。古くから音楽は精神に対して大きな影響を及ぼすと考えられ、気持ちを落ち着かせるときはもちろん心を鼓舞するためにも用いられてきました。

何かの作業をしながら音楽を聴くのもいいですが、時にはただ五感に集中して耳を傾けたり自ら歌ったりすることでより精神の安定を得られるでしょう。さらに一般的な音楽に限らず、雨音や草木のざわめきなど自然が奏でる音にも高い癒しの効果が認められています。そのため自然の中でのんびり過ごすことも音楽療法の一つだと言えます。

癒しを与えてくれるアロマセラピー

ヒーリングの種類には耳以外にも嗅覚に働きかけるタイプもあります。よく知られているものとしては、ハーブから抽出したエッセンシャルオイルを用いるアロマセラピーが挙げられるでしょう。セラピーとはヒーリングと似た意味を持ち、植物の香りで心を癒すと同時に身体のトリートメントも目的として行われています。

ハーブの種類によってその効果も様々で、悩みに合ったものを探しやすいのもポイントです。例えばストレスや不安が強いなら鎮静作用のあるラベンダー、脳をすっきりさせたい場合はペパーミントといったように使い分けることができます。効能の他に好きな香りから選ぶのもいいですし、ブレンドしてオリジナルの香りを楽しめるのもアロマテラピーの醍醐味です。

マッサージで身も心もリラックス

意外に思われがちですが、美容や健康のために行われるマッサージは肉体のケアだけではなく精神のリフレッシュとしても意味があります。デスクワークなどで同じ姿勢を続けることが多いと体や筋肉が硬くなりやすいばかりか、精神的な疲労も蓄積する可能性が高くなります。

マッサージで全身をほぐすと血行の流れも改善し自律神経のバランスも整うため、心をリラックスさせることが可能です。ツボを刺激するリフレクソロジーや鍼灸などもヒーリングに効果的です。また他者と触れ合うことにも意味があるので、サロンでの本格的なマッサージを受けるほどではないなら友人や恋人とスキンシップをするつもりでほぐし合うのもいいでしょう。

ヒーリングの種類を知ることは健康に繋がる

体の疲労をリフレッシュさせる方法は数多くある一方で、魂や精神へのダメージは軽視されがちです。しかし心と肉体は連動しているため、どちらかが損なわれれば健康に影響が及ぶのは言うまでもありません。つまり自分に合ったヒーリング方法を知ることは、ストレスを解消し健康を守ることにも繋がります。

音楽やアロマ、マッサージなど一口にヒーリングといっても様々な種類があります。どれか一つ合うものを選ぶのもいいですが、音楽を聴きながらアロマを配合したオイルでマッサージするなどといったように組み合わせてみても効果が期待できるでしょう。五感を働かせて心をケアしつつ体の疲れも癒したいというときにぴったりです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう