ヒーリングの種類と特徴や他の方法との違い - ヒーリング 2021年6月1日 -

ヒーリングにもさまざまな種類があり、それぞれに特徴やアプローチの違いがあります。
医療行為のように明確な線引きが難しいものも多いのですが、大切なことは自分に合った信頼できる方法を見つける事です。

-AD-

それぞれに特徴や違いのあるヒーリングの種類

いつの時代も生きていくうえでストレスを全く感じずに過ごすことは簡単な事ではありません。同じ状況でもストレスを感じやすい人と全く感じない人がいるのは確かですが、本人の心の持ちようだと片づけてしまうのは、残念ながらちょっと乱暴です。ストレスや疲労感の蓄積はいろいろな体の不調となって現れがちです。時に重篤な病に発展することもあるので、上手に解消する方法を見つける事はとても大切です。

そしてそのための方法の一つがヒーリングですが、これはいわゆる癒しを取り入れる事で、様々な方法があり、さらに言うなら治療的な意味を持つものや、心理的な効果の高いものなど種類も豊富でそれぞれに特徴があります。近年はヒーリングが医学の分野でも取り入れられるなど、その種類や期待できる効果、特徴などは多岐にわたっています。

問題点を理解して論理的に考えるのがカウンセリング

自分自身が心地よいと感じられる方法で心や体をいやしたり、自分の持つオーラやエネルギーを活用してスピリチュアルな面からアプローチするのがヒーリングの施術です。視覚や嗅覚、聴覚など様々な体の感覚に直接働きかけることで、深い癒しの効果を得るための方法が多数あります。

それに対してカウンセリングというのは心の中に抱える悩みをカウンセラーに話すことで、具体的な問題点に気づき、どうすればその悩みを解消できるかを理論立てて考えてゆく方法です。リラックスして副交感神経が優位になる状態にするだけでなく、問題解決のためにどうすればよいかという具体的な考え方や行動へと結びつけることで、悩みを少しずつ解消する実用的な手段の一つだといえます。

セラピーはセラピストによって受ける治療行為

ヒーリングはヒーラーの手を借りる事でも自分自身で行う事も出来る癒しの行為です。それに対してセラピーというのは悩みを抱える対象者に対して治療を施すセラピストが行うのが特徴です。ヒーリングはどちらかと言えば気持ちよさや快適な心地などを活用して、その人の体や心に生じた問題をスピリチュアルな面からサポートする方法なのに対し、セラピーは治療であり、実際に問題や悩みを抱える患者を具体的な方法で治療する行為がこれにあたります。

「○○セラピー」といった具体的な方法をうたった数多くの種類があり、セラピストは特定の治療方法を活用して心と体の悩みを直接治療していくというのがヒーリングとの大きな違いになります。そのため、医療現場などにも取り入れられることもあり、単にリラックスして心地よいだけではなく一定の身体的な効果などが期待できる方法でもあります。

体への現実的な実感を伴うのがリラクゼーションの特徴

疲れた時にフットマッサージを受けたり、ヘッドマッサージを受ける事で疲労感が取り除かれて体調が好転するという現実的な効果を得られるのがリラクゼーションです。ヒーリングが心や体に直接的に働きかける事だけでなく、魂やオーラといったスピリチュアルな部分にもかかわるものであるのに対し、心や体をリラックスさせて疲労感を取り除くという現実的な実感を伴うのがリラクゼーションという違いがあります。

それでも体の不調をリラクゼーションによって取り除くことが結果的に魂やオーラの癒しにもつながるため、たとえば深い癒しを感じる事で心身共に楽になるアロマセラピーなどはどちらの要素も併せ持つものなので、明確な違いを設けるのは難しいのもまた現実です。

自分自身を癒すことで様々な不調を整える

自分が感じる様々な心や体の不調を、いろいろな方法によってアプローチすることで癒され心身ともに心地よく快適になる方法は数多く存在します。直接病にアプローチする医療行為とは違い、原因がどこにあるかはっきりとわからない何となく感じる体の不調は、ヒーリング行為によって解消することが珍しくありません。

その方法やアプローチの仕方、施術者とのかかわりなど種類も方法もたくさんあるのですが、実際に試してみたら自分でも驚くほど心も体も軽くなったという経験は多くの人が持っています。悩みの数だけ適した方法があるように、自分に合った方法を見つけ、心身ともに健康で充実した毎日を送れるようになりたいものです。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう