ヒーリング音楽による睡眠への効果 - ヒーリング 2020年6月1日 -

ヒーリング音楽は、心身をリラックスさせる効果があります。そのため、
自律神経のバランスを整え睡眠に適した心と体の状態に導いてくれることでしょう。緊張を解きほぐす効果もあります。

-AD-

ヒーリング音楽とは何か

ストレス社会と言われる現代において、ヒーリング音楽が注目されています。規則正しい音階にそっているのではなく、ゆらぎとも言える不規則なリズムを持つのが特徴です。小川のせせらぎや波の音などを聞いているとリラックスしますが、それはゆらぎを持っているためです。

このゆらぎのある音を聞くと、脳波の中でもアルファ波が出ることが分かっています。アルファ波とは脳は覚醒しているけれども、リラックスした状態のときに出る脳波です。脳波がすべてアルファ波になると意識がない状態で、ベータ波は疲れがたまる時に出る脳波です。ヒーリング音楽では、活動に支障のない範囲のベータ波は出ているけれども、脳波リラックスしている状態を作ります。

ヒーリング音楽の効果

好みの音というのは、ロックやポップなど人により異なりますが、ヒーリングでは誰が聞いても気持ちがいいと感じさせるリラックス効果があります。繰り返される鳥のさえずりや波の音、風の音など自然を感じさせるものが多くあり、人間の緊張やストレスを解きほぐすことが可能です。

人間の睡眠に入るためには、緊張をほぐす必要があり、脳波の中でもアルファ波が出ている状態にしなければいけません。なかなか寝付けなかったり、眠りが浅いなど睡眠に悩みを持つ人が増えていますが、そのような人にも効果を発揮することができるでしょう。心身がリラックスすることで、痛みなどを感じにくい鎮静効果や、落ち着いて集中力が高まるという働きもあります。

効果的なヒーリング音楽の特徴

一般的な音の三大要素は、メロディーとハーモニー、そしてリズムです。ヒーリング音楽の場合、メロディーは美しくとてもシンプルなものが多いのが特徴です。ハーモニーのことを和音と言いますが、複雑なものは使っていません。リズムの強弱もなく、ゆっくりしたテンポの曲が多いです。

さらに、同じメロディーやリズムを繰り返すという特徴があります。自然の中でも、川のせせらぎなどはゆったりと同じ音が繰り返されていますが、聞いていると落ち着いてくるでしょう。同様の働きが曲にもあり、ゆったりとしたテンポを聞いているうちに脳が自然とリラックスした状態になります。脳がリラックスすることで、心はもちろん体の緊張を減らすことができます。

自律神経への影響について

人間には交感神経と副交感神経という2つの自律神経があります。交感神経は体を活発に動かすときに働く神経で、体を休めるときには副交感神経が優位になります。2つの神経がバランスを取って体の状態を調節していますが、ストレスを感じることでそのバランスが崩れてしまいます。

最近の研究では、アルファ波が出ることで自律神経のバランスを取ることが分かってきました。音を聞くとアルファ波が出て、副交感神経が優位になり落ち着いてリラックスした状態になるからです。ストレスが多い生活を続けていると、自分でも気づかないうちに心身のバランスが崩れてしまうことがあります。そのような時に、リラックスした状態に導きます。

ヒーリング音楽と睡眠

ストレスがあると睡眠不足になってしまうというのには、きちんとした理屈があります。睡眠が浅い時や足りないときというのは、脳がきちんと休めないので心も体も疲れてしまいます。そのような時に、脳がリラックスできるアルファ波の出る音や曲を聴くと、とてもリラックスした状態になることが可能です。

自律神経のバランスを取ることもできますし、緊張している状態を解きほぐすこともできるでしょう。脳がリラックスしているときに出るアルファ波は、起きている時でも出すことは可能です。忙しい現代ではベーター波が出ている状態が多くなってしまいますが、自分の心と体と向かう時間を作るためにもゆっくりと曲を聴くといいでしょう。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう