カップルにとってはドキドキのプロポーズの日 - プロポーズの日 2018年6月3日(6月第1日曜日) -

プロポーズの日とジューンブライドの由来や最近のプロポーズ事情について解説。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

プロポーズの日って知っていますか?

お年頃になってくるとカップルが気になってくるのがいつ結婚に踏み切るのかということ。
長年付き合っているカップルは余計に気になるものです。
そんな2人の味方になる日があるのです。
実はプロポーズの日というものがあるのはご存知ですか?
6月の第1日曜日はプロポーズの日と決まられているのです。
1994年日本ブライダル協会が制定したもので、知っている方は意外と少ないのではないでしょうか?
実は日本人はプロポーズの言葉をはっきりと伝えていない人も多く、ドラマティックなプロポーズを想像していた女性は残念に思うことも多いようです。
結婚後に「ちゃんとプロポーズして欲しかった」と言われ続けることがないようにしたいものです。
ではなぜ6月の第1日曜日に決まられたのか詳しく見ていきましょう。

6月がジューンブライドと言われる由来は?

日本では6月といえばジューンブライドといって、おめでたいイメージがあるものです。
これにはちゃんと理由があるのです。
ローマ神話のジュピターの妻ジュノーが起源とされています。
6月を表すJuneはジュノーが由来となっており、ジュノーは結婚生活の守護神とされていることから、6月に結婚すると幸せになれると言われています。
そして、日本は6月といえば梅雨。
本来であれば雨がよく降るこの時期に結婚式を挙げる人は少ないので、6月をジューンブライドとしてしまって6月にも結婚式をしてもらおうという背景もあるようです。
なかなかキッカケが掴めない人は、このプロポーズの日をキッカケに勇気を出してみるのも良いかもしれませんね。
プロポーズは男性からでも女性からでもしていいものです。

気になるプロポーズ事情は?

女性はほとんどの人が男性からプロポーズして欲しいと思っているようです。
日本人の男性はなかなか自分の気持ちを伝えることが苦手な人が多く、このプロポーズの日はそんな男性陣の味方になるように制定されたのです。
この女性となら一緒になりたいと思える人が現れたら、しっかりと伝えることが大切です。
あまりにも待たせすぎると女性がどこかへいってしまうかもしれませんよ。
世の女性はプロポーズをされていない、プロポーズの言葉を覚えていないという方が半数以上で感動させるにはしっかりとプランを練って考えることです。
指のサイズさえある程度分かっていれば、婚約指輪を用意してプロポーズしても素敵な思い出となるでしょう。
ただし、自分で選びたいという女性もいるので、そこはよく考えて行動しましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう