プロポーズの日に婚約して人生の記念日にしよう - プロポーズの日 2018年6月3日(6月第1日曜日) -

プロポーズの日に婚約して記念日にする方法の解説。プロポーズするときの注意点など。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

プロポーズの日をご存じでしょうか

プロポーズの日というものがあるのをご存じでしょうか。これは日本ブライダル協会が1994年に制定したものであり、結婚を促進するために作れれたものです。6月の第一日曜日になるのですがなぜ6月なのかと言うと結婚の神様ジュノーが6月の守り神であることが大きく関係しています。

一般的にはプロポーズはホワイトデーやクリスマスなどのイベントにすることが多いと思うのですが6月にするのもいいでしょう。ジューンブライドに結婚すると幸せになると言われていますが6月のプロポーズもなかなかロマンチックで素敵なものです。

プロポーズをした日も夫婦にとっては記念日となりますのでこのような意味のある日にしてみるのもいいかもしれません。女性はムードやロマンが好きな方が多いので喜ばれます。

プロポーズの日に具体的に何をする

プロポーズの日は日曜日固定されていますので自分も相手もどちらも休みの日が多いでしょう。ですのでたまにはということでおしゃれなレストランに誘ってみてください。

特に何かの記念日と言うわけでもないのに高級レストランで食事となると女性は勘のいい人ならプロポーズなのではと思うかもしれませんが、結婚したい気持ちがあるなら喜んでくれます。

この時に婚約指輪も用意するといいでしょう、最近では婚約指輪は彼女の好きなものを選びたいという方が多いので仮の婚約指輪を用意する方もいます。それは安いものでもいいのですが一応プロポーズを素敵に演出するいいアイテムになります。指輪を彼女に入れてあげると感動して喜んでくれることでしょう。もっと演出をしたいなら花束を用意するのもおすすめです。

言葉にすることが大事です

最近では授かり結婚も多くなっていますのでプロポーズなしに結婚するカップルもいます。しかしやはりプロポーズの言葉は必要なのです。この言葉があれば夫から自分が必要とされているという充実感を女性は感じることができます。しかし無ければただ子供ができたから仕方なく結婚したのではと思われてしまいます。

夫婦喧嘩をしたときもプロポーズの言葉を思い出せば思いとどまって離婚を阻止できるかもしれません。結婚を決める大きなきっかけとなるイベントですのでしっかりと言葉で残しておいてください。

恥ずかしくてなかなか口にできないという方は手紙にしたためるのもいいでしょう、文章でも直筆であれば気持ちは伝わります。
プロポーズ記念日がプロポーズの日ならわかりやすく忘れることもありませんので夫婦円満に貢献することでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう