プロポーズの日と結婚の日はいつがいいのか - プロポーズの日 2018年6月3日(6月第1日曜日) -

プロポーズの日と結婚の日についての解説。プロポーズと結婚のタイミングついてなど。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

プロポーズの日のタイミング

人生の一大イベントであるといってもよいプロポーズ。どんな女性でも素敵なプロポーズをされることを夢見ているはずです。男性も必死になり婚約指輪を選びプランをたて、彼女に思いを伝えようと必死になります。

日にちを元にいつプロポーズするか決める人も多いです。例えば彼女の誕生日だったり、付き合い始めた日だったり、何かの記念日をプロポーズの日に決める人が多いです。

女性ならやはり男性にはプロポーズのことは内緒にしておいてほしいです。突然サプライズでプロポーズされるとうれしさも倍増です。

実は彼女に見抜かれないように入念にプランをたてるのも意外に難しいです。一番近くにいる相手なのでこそこそしていると、彼女に怪しまれ見つかってしまい台無しになってしまいます。そのためにも、細心の注意が必要です。

結婚のタイミングはいつ

結婚の日付は二人でじっくりと決めるべきです。やはり6月が人気の季節です。大安は友引がいいとか言う人もいれば、まったくそういうこととは別に日にちを決める人もいます。

一般的にはプロポーズをしたら、すぐに結婚に向かい動き始めます。お互いの家族の顔合わせだったり、結婚式の予約だったり、とても忙しく楽しい日々がやってきます。

結婚式のプランはやはり女性が先頭に立ち進めていくことが多いです。女性が輝ける一大イベントなので、慎重に気に入るまでとことんプランをたてることが、素敵な式への第一歩です。

女性なら少しでも式までに綺麗になろうと、エステに通ったり、ダイエットをがんばってみたりします。人生で一度きりしかないかもしれない、しかも小さいころこら夢みていることなので盛大に式をあげます。

プロポーズの日から結婚式までの期間

カップルの形はそれぞれで、婚約したもののそこから結婚まで期間があくカップルも多いです。

例えばプロポーズの日から5年たっているカップルもいます。そういうカップルは他のカップルから見ると、違う考え方をもっているのかもしれません。それか単に結婚のタイミングを逃しているのかもしれません。

プロポーズをすることで真剣にお付き合いしますという宣言みたいなもので、必ずしも急ぐ必要がないと考えているのかもしれません。なので付き合い始めてからプロポーズするまでは、早いがプロポーズしてからの道のりは長いのかもしれません。

どちらにしろタイミングは大事で、お互いを大切に思っていることには違いありません。お互いにとって一番で心地よい方法をとることが幸せ近づく道なのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう